2023.01.11|オアフ島

レアレアバケレンの新規予約で絶滅危惧種「モナーク・バタフライ」の保護活動を支援

ニュース

レアレアバケーションレンタルで対象物件を予約すると、絶滅危惧種に指定された「モナーク・バタフライ」がサナギから蝶へと羽化する姿を見守ることができる、サナギのギフトボックスをプレゼントするキャンペーンを開催中です。ハワイ滞在中に蝶へと変身した「モナーク・バタフライ」をハワイの青い空に飛び立たせて、絶滅危惧種の保護活動に参加してみませんか?


「LeaLeaバケーションレンタル」の対象物件の新規予約で、絶滅危惧種に指定された「モナーク・バタフライ」をハワイの自然に帰してあげることができる、サナギのギフトボックスをプレゼントします。日本時間2023年2月2日までに対象物件への新規予約が対象で、先着25名です。


このキャンペーンは、「マラマハワイ(ハワイを思いやる心)」を大切にしたいと考えるHawaii HIS Corporation/HISハワイが、絶滅危惧種に指定された「モナーク・バタフライ」がハワイの地で野生で存続できるよう保護活動を展開する「パラダイス・モナーク社」を支援し、この活動に賛同する現地の総合不動産会社「キャプテンクック・リゾート」と協同で、「LeaLeaバケーションレンタル」宿泊者先着25名に、サナギのギフトボックスをプレゼントするものです。


日本では「オオカバマダラ」と呼ばれるアゲハ蝶の一種「モナーク・バタフライ」は、2022年7月に国際自然保護連合によって絶滅危惧種に指定されました。食糧不足、自然界における天敵や病気等を理由に、幼虫から蝶へ成長できるのは僅か5%にも満たないと言われています。オアフ島を拠点に2020年9月に発足した「パラダイス・モナーク社」の保護活動によって、今日までに約1万羽のモナーク・バタフライが蝶となってハワイの自然の中に羽ばたいていきました。


透明のプラスチックケースに入った状態でプレゼントされます。餌や水やり等のお世話は必要なく、ただただ、蝶になるまでを見守るギフトボックスです。2023年のお客さま一人ひとりの想いを乗せて、蝶がハワイの空へ羽ばたく姿をご覧いただけます。


キャンペーンの対象物件は、ワイキキ内のオーシャンフロント物件として人気の「ワイキキ・ショア」をはじめとする約100室。対象物件の一覧と詳細は▲▼こちら▼▲から。ご予約をお待ちしています。

<2023/01/10の情報です>

LeaLeaバケーションレンタル
バケーションレンタルとは、個人オーナーが所有するレンタル物件に宿泊するサービスのこと。ハワイのコンドミニアムや一軒家を貸切りし、現地の生活に溶け込みながら、まるで暮らしているかのように過ごすことができるのがバケーションレンタルの特徴。LeaLeaバケーションレンタルでは、ワンルームタイプのスタジオから小グループで貸し切り可能な一軒家まで、取り扱い数は320軒以上。
LeaLea Web 編集部
ハワイを思いやる心”マラマハワイ”を大切にしながら、ハワイ現地スタッフが集めたハワイの最新ニュースや現地情報、ハワイ限定品やオリジナルデザインのコラボ商品、ホテルとバケーションレンタルの詳細情報をお届け。LeaLeaとHISハワイ支店からのお知らせや最新情報も発信しています。ハワイとハワイ旅行がより身近で楽しく便利になるお手伝いができるとうれしいです。

ジャンル「マラマハワイ」の最新記事

その他のジャンルをチェック

close

LeaLea Webメールマガジンに
ご登録ください!

ハワイの最新情報や
お得なキャンペーン情報をお届けします