2022.04.09|オアフ島

目の前はワイキキビーチ!「アウトリガー・ワイキキ」の全貌をご紹介

泊まる

ワイキキビーチの青い海が見渡せる、ビーチフロントリゾートホテル、「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」。ワイキキ中央部、カラカウア通りに位置する立地の良さはもちろん、1947年の創業から、改装があってもハワイらしさを大切にし続けている、落ち着いた雰囲気のホテルです。


風に穏やかに揺れるヤシの木とワイキキビーチの青い海、そしてダイヤモンドヘッドという、なんともハワイらしい景色が客室から楽しめる「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート/Outrigger Waikiki Beach Resort」。部屋番号を指定したくなる、特別な客室をご紹介します。
アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートは、創業当時のまま、イギリス式のフロアの呼び方を採用しており、地上階はグランドフロアと表示され、客室レベル1階は地上階ではないため、眺望も開けています。

クラブ・ダイヤモンド・ヘッド・オーシャン・フロント・スイート HIS限定 123号室

ベッドルームとリビングルームが独立しているスイートルームタイプ。2面が窓で風が通る、落ち着いた色合いの調度品で整えられたリビングは本当に広々。ソファーはソファーベッドになります。


リビングルームから数段の階段を降りると、アウトドアリビングとしても使えそうな広いラナイ。ヨガマットを持ち込んで朝ヨガも良いかもしれません。プライベート空間でワイキキビーチとダイヤモンドヘッドの眺めを堪能できる特別なお部屋です。

クラブ・オーシャン・フロント・ジャグジー付き HIS限定 124号室

バスタブがジャグジーになっているお部屋です。


オーシャンフロントなので、ジャグジーでゆっくり温まりながら、お部屋越しにワイキキビーチが眺められます。

クラブ・オーシャン・フロント・ベッド2台 HIS限定 125号室

ダブルベッドが2台入っているオーシャンフロントのお部屋です。


全ての客室レベル1階のお部屋のラナイには、カフェテーブルセットの他に、他の客室にはない、デイベッドが備え付けられています。


寝そべったまま、こんなThe Hawaiiの風景が心ゆくまで堪能できますよ。


夕暮れ時には、階下のデュークス・ワイキキのライブミュージックの演奏が始まり、ご紹介した3部屋のラナイにも心地よい音が届きます。


そして、3部屋ともに、創業年の1947にちなんで命名された専用ラウンジ「ボエジャー 47 クラブ・ラウンジ」へのアクセス付きです。
営業時間:6:30~9:30、16:30~18:30(無休)


ハワイの食材を中心とした朝食とコナコーヒー、夕暮れにはハワイ産のドラフトビールや、日替わりカクテル、ププ(前菜)などが提供されます。


もちろん、ワイキキビーチビュー! 夕日に赤く染まるダイヤモンドヘッドを見ながらのハワイアンビールは、おいしくないはずがありません。

これらの特別なお部屋が選べるアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートの詳細とお申込みは▲▼こちら▼▲から。

館内には、ワイキキビーチが目の前という立地を生かした、ふたつのレストランがあります。カジュアルなアイランドスタイルが、ローカルや米国本土からの観光客から愛されています。


マリンスポーツのレジェンド、デューク・カハナモクに敬意を表した「デュークス・ワイキキ/Duke’s Waikiki」はビーチへもダイレクトアクセスです。


砂浜の上に張り出したラナイ席は遮るものなく青い海が見渡せ、まるでワイキキビーチに居るまま食事をしているようです。
場所:ストリートレベル(グランドフロア)
営業時間:7:00~24:00(無休)
※11:00に朝食メニューからランチ・ディナーメニューに切り替わります。


眼下に青く広がるワイキキビーチが堪能でき、風が吹き抜けるレストラン「フラグリル・ワイキキ/Hula Grill Waikiki」。グリル料理を中心とした、カジュアルなアイランドスタイルの食事が楽しめます。
場所:アッパーロビーフロア
営業時間:7:00~22:00(無休)


このほかにも、青いボウルがSNSで話題になった「サンライズ・シャック/Sunrise Shack」のワイキキ店もあります。青の材料は、ブルー・アルジー/Blue Algaeという藍藻類の一種で、アンチエイジングが謳われるスーパーフードのひとつ。サーフィンの聖地、ノースショアのサンセットビーチに本店同様、カラフルなボウルやヘルシーな軽食が提供されています。
場所:ストリートレベル(グランドフロア)
営業時間:6:00~19:00(無休)


一流プレーヤーが演奏する幅広いジャンルの音楽が楽しめる「ブルーノート・ハワイ/Blue Note Hawaii」。ウクレレやスラッキーギターなど、ハワイらしいプログラムも組まれています。スケジュールは▲▼こちら▼▲から。


ホテルエントランスはワイキキ中央のカラカウア通り沿いにあり、お隣は「ロイヤル・ハワイアン・センター/Royal Hawaiian Center」とワイキキの貴婦人「モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ/Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa」、大通りを挟んで向かいは「インターナショナル・マーケットプレイス/International Market Place」という何もかもが揃う立地です。


1947年の創業以来、ハワイ文化を大切にしていることは、ロビーにも表れています。チェックインカウンターの後ろではアウトリガーカヌーの絵画が出迎え、ホテルゲストは博物館に所蔵されるような、貴重なハワイ文化を感じられる品々を、いたるところで目にすることができます。


汚れ物がすぐに洗えるコインランドリーまであり、様々なところに温かいハワイアンホスピタリティを感じるホテルです。

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート/Outrigger Waikiki Beach Resortの今の様子は、LeaLea公式YouTubeチャンネル「LeaLea Hawaii TV」でゆっくりご覧ください。

<2022/04/08の情報です>

  • ホノルル/オアフ島(:ワイキキ)

    アウトリガー ワイキキビーチリゾート Outrigger Waikiki Beach Resort

    【Wi-Fi全館有料*1】【全室禁煙】 ワイキキの中心地に立つビーチフロントホテル。エントランスを入ると、木材の調度品を生かしたハワイアン調のロビーが広がっており、アロハスピリッツでゲストを迎えるサービス、客室の貴賓漂うハワイアンインテリアの中でくつろげるのも魅力です。ホテル…

    36,720円

LeaLea Web 編集部
ハワイ現地スタッフが集めたハワイの最新ニュースや、ハワイ州における新型コロナウイルス関連情報、ハワイ限定品やオリジナルデザインのコラボ商品、ホテルとバケーションレンタルの詳細情報をお届け。LeaLeaやHISハワイ支店からのお知らせや最新情報も発信しています。ハワイとハワイ旅行がより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック

close

LeaLea Webメールマガジンに
ご登録ください!

ハワイの最新情報や
お得なキャンペーン情報をお届けします