2021.10.30|オアフ島

ハワイの注目シェフの新店やグルメ評論家の高評価店も! 新規オープンしたハワイのレストラン&カフェ10選 ― オアフ島ホノルル編 Vol.4

ニュース

ホノルル市では、11月3日より屋内・屋外イベントの人数制限が撤廃、12月12日開催予定の「ホノルルマラソン」はマスク着用の義務無しで開催が決定されるなど、この長引くコロナ禍で大きな前進となりました。一方で、レストランやバー等の収容人数に関しては、依然50%の人数制限が続いているのが現状です。

このたびLeaLeaでは、食を通して人々に笑顔を提供し続けようと試行錯誤を繰り返す飲食店を応援すべく、日本の皆さまがハワイに戻られたらぜひ足を運んでいただきたい10店「ホノルル編 Vol.4」をお届けします(以下、アルファベット順)。ハワイの最新レストラン情報です。

1. バー・マゼ/Bar Maze

数々の受賞経験を誇り、こだわりの素材から作られた極上のカクテルなどを楽しめる「バー・レザー・エプロン」のオーナー、ジャスティン・パーク氏とトム・パーク氏の2人が新たに提案する、料理とカクテルが革新的に融合された世界を体験できる新感覚のバー。5皿とペアリングカクテルからなるおまかせコース($150/人)の他に、ラウンジで楽しめるアラカルトも。要予約。

604 Ala Moana Blvd. @bar.maze

2. ファームハウス・カフェ/Farmhouse Café

“近所のお気に入りのヨーロピアンスタイル・カフェ”というコンセプトで、アラモアナのウォルマート近くにある複合施設「808センター」にオープンしたこちらのお店は、ビストロ好きにとってはうれしい存在。時には有名店ですら、辛口評価を下すこともあるハワイベースのグルメ評論家からも高評価を受けており、モロッコ出身でニューヨークや東京のレストランで経験を積んだシェフの腕は、美食家も唸らせる折り紙つき。シャンパン・ブランチや焼き立てのタルトなどが楽しめる他、9月からは金曜に限りディナータイムもスタート。予約がおススメ。

808 Sheridan St. @farmhousecafe20

3. クヒオ・アベニュー・フード・ホール/Kūhiō Ave. Food Hall

「インターナショナルマーケットプレイス」1階のクヒオ通りに面したフードホール「ザ・ストリート」が今年4月、「クヒオ・アベニュー・フード・ホール」として新たにソフトオープン。ジューシーなハンバーガーを提供する「バンザイ・バーガー」や、ハッピーアワーやタコス・チューズデー、不定期でライブミュージックも企画するメキシカン・バー「ラ・ピニャ・カンティーナ」、1スライスが4分の1という特大サイズのピザが特徴の「アロハ・ピッツェリア」など、ワイキキ探索中にも気軽に楽しめるのがうれしい。来年1月のグランドオープンに向けて、ホール内に続々とフードスタンドやバーがオープン予定。

2330 Kalakaua Ave. @kuhioavefoodhall

4. リトル G カフェ/Little G Cafe

マンハッタンのミシュランレストランで副料理長を務めていたジャレッド・ブラウン氏がハワイに移住後、薄型クラスト生地のニューヨークスタイルのピザが恋しくなり、オープンさせたという本格派ピッツェリア。アラモアナのウォルマート近くにある複合施設「808センター」内で、本企画Vol.3でご紹介した「ショーズ・キッチン」の隣に店舗を構える。レギュラーメニューのマルゲリータ以外は週替わりのトッピングになるため、リピーターにもうれしい。ビールやワインと一緒に楽しみたい方はBYOB(ボトル持参、持込料無し)でどうぞ。

808 Sheridan St. @littlegcafe

5. ロカヒ・ブリューイング・カンパニー/Lokahi Brewing Company

長年自家醸造を行ってきたダン・コロナド氏とリック・ベスト氏がタッグを組み、ビール好きにはうれしいローカル感溢れるブリュワリーがオープン。店名の「ロカヒ」は、ハワイ語で「調和」を意味し、地域に根差した存在になりたいという思いが込められている。ラガー、IPA、ヘイジーIPA、ポーター、ブラウンエールを揃える。フードでは、このコロナ禍で長らく臨時休業を強いられているダウンタウンの人気ガストロパブ「スミス&キングス」を週末のブランチメニューに迎えるなど、ローカルレストランやフードトラックとコラボレーションしているのも新しい。

1160 S King St. @lokahibrewing

6. ルナティー/Lunar Tea

ハワイのボバ(タピオカ)ティー人気はまだまだ健在です!本企画Vol.2でご紹介したメキシカン「コシーナ・デ・ローハ」の並びに、お月様をモチーフにし、革新的なフレーバーを追求するボバティー店がオープン。異なる文化を融合させた同店の人気は、目新しいハニーデューやタロフレーバー。ボバティー以外にもライスヨーグルト・ドリンクやスムージーも提供しているので、その時の気分に合わせてチョイスしてみて。

2334 South King St. @lunarteahawaii

7. MWレストラン/MW Restaurant

2013年のオープン以来、その洗練されたパシフィック・リム料理にグルメなローカルからの支持も熱い同店が今年4月に移転し、リニューアルオープン。かつてハワイ州立美術館に入っていた姉妹カフェ「アーティゼン by MW」の移転先、「ヴェロシティ・ホノルル」の2階に新たに店舗を構えた。同時にビバレッジ・ディレクターを迎え、ドリンク各種も拡充。火~金曜14:00-17:00のハッピーアワーからチェックしてみては。

888 Kapi‘olani Blvd. @mwrestaurant

8. ピッコラ・オンダ/Piccola Onda

「フードランド」やファーマーズマーケットで購入できる生パスタ「オンダ・パスタ」が「アロヒラニリゾート ワイキキビーチ」の裏手にフードトラックをオープン。本格的なパスタ、ニョッキ、サンドイッチ、デザートなどが楽しめる。ローマで、明け方まで遊んだ酔っ払いが好んで食べることから、イタリア語で“ずぼら”を意味する「Zozzone(ツォッツォーネ)」、いわゆるチャバタ・サンドイッチは、ハワイでの週末ブランチにもピッタリ。

Kealohilani Ave. @piccolaondahi

9. ポドモア/Podmore

美食家たちの熱い支持を集めるダウンタウンの創作料理「セニア」を手掛けるアンソニー・ラッシュ氏とキャサリン・ノムラ氏の2人が、日中はヨーロピアンテイストのブランチ、夜はカクテルを楽しめるラウンジをオープン。カクテルと一緒に提供されるフードはいずれもエレガントで目にも楽しい。

202 Merchant St. @barpodmore

10. ポノ・ポーションズ/Pono Potions Inc.

チャイナタウンにお洒落なコーヒーショップが登場。ハワイの素材やテイストにフォーカスしつつ、インターナショナルなフレーバーへと昇華させた彼ら独自のシロップを当初はカイルアのファーマーズマーケット「ロカヒ・カイルア・マーケット」で販売していた「ポノ・ポーションズ」。今では「サーフジャック ハワイ」のショップや「ディーン&デルーカ ハワイ」でも取り扱われているというから、その実力は折り紙つき。「アリイ・ラベンダー」や「ワイアルア・ハニー・ジンジャー」などのシロップが絶妙な風味を織りなす彼らのコーヒーやアイスティー。ショップ内に販売されるローカルアーティストによるアクセサリーや雑貨を眺めながら、ゆったりとした時間をどうぞ。

1119 Smith St. @ponopotions

このたびの「新規オープンしたハワイのレストラン&カフェ10選 ― オアフ島ホノルル編 Vol.4」、いかがでしたでしょうか?「ホノルル編 Vol.1-3」と併せて、気になったお店は次回のハワイ旅行の際にぜひ足を運んでみてください。

これからも不定期でハワイの最新情報とともに、「〇〇編」をお届けしますので、お楽しみに!

<2021/10/29の情報です>

LeaLea Web 編集部
ハワイ現地スタッフが集めたハワイの最新ニュースや、ハワイ州における新型コロナウイルス関連情報、ハワイ限定品やオリジナルデザインのコラボ商品、ホテルとバケーションレンタルの詳細情報をお届け。LeaLeaやHISハワイ支店からのお知らせや最新情報も発信しています。ハワイとハワイ旅行がより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック

close

LeaLea Webメールマガジンに
ご登録ください!

ハワイの最新情報や
お得なキャンペーン情報をお届けします