2021.08.21|オアフ島

1月6日HST更新:ハワイに行くには? 今、行けるの? 「ハワイ旅行のための手順」最新マニュアル

ニュース

ハワイ州では、2020年10月15日より新型コロナウイルスの陰性証明の提示で、ハワイ到着後の自主隔離措置が免除となる「新型コロナウイルスの事前検査プログラム」が導入されています。2020年11月より日本からの渡航者も事前検査プログラムの対象となっており、ハワイ州が定めた検査場による陰性証明の提示と各種書式への登録で5日間の自己隔離が免除されます。

自己隔離免除でハワイへ渡航し、ハワイ州と日本のルールに沿った滞在が楽しんで頂けるように、ハワイの現状と渡航前の準備、到着から帰国までのプロセスと最新情報をまとめました。

1. ハワイ旅行の計画を立てる
1_1. ハワイの現在の状況
1_2. 各航空会社の日本・ハワイ運航状況
1_3. ホテルの営業状況
1_4. レストランや店舗の営業状況
1_5. 交通機関の運行状況
1_6. アクティビティやオプショナルツアーの状況

2. ハワイ渡航前の準備
2_1. ESTAへの登録
2_2. 新型コロナウイルス陰性証明書を準備(フライト出発の72時間以内)
2_3. Safe Travels Programの登録
2_4. 宣誓書の事前印刷と記入

3. ハワイ到着から帰国まで
3_1. ハワイ州滞在中のルール
3_2. 隣島(ハワイ島、マウイ島、カウアイ島等)へ行く場合
3_3. 帰国のための準備(日本の水際対策や日本入国のための陰性証明書取得)

1_1. ハワイ旅行の計画を立てる:ハワイの現在の状況

2021年12月1日より、オアフ島ホノルルエリアの様々な人数制限が撤廃されました。ただし、引き続き、ワクチン接種済み証明等の「セーフアクセスオアフ プログラム」への準拠や、屋内でのマスク着用など、いくつかのルールは継続されます。

【引き続き継続されるルール等】
・Hawaiʻi Safe Travels Program/セーフアクセスオアフ プログラム
・室内でのマスク着用義務
・州政府職員および郡職員のワクチン接種または検査義務
・州施設にて働く請負業者、または州施設利用者に対するワクチン接種または検査義務

レストランやバーでは、飲食時以外はマスク着用が推奨されます。
ハワイ旅行者向けのセーフ・トラベル・プログラム並びに屋内でのマスク着用は継続となります。

2021年9月13日より、「セーフ アクセス オアフ/Safe Access O‘ahu(英語)」に従い、オアフ島のレストランなどの施設への入店・入場には、
・ワクチン接種済の証明または陰性証明
・英文の身分証明書の要提示
ただし、12歳未満と、15分以内の滞在は免除
詳しくはこちら

LeaLea公式YouTubeチャンネル「LeaLea Hawaii TV」では、最新のハワイの状況を動画で発信しています。定期的にライブも開催。チャンネル登録して、今のハワイの様子をご確認ください。

1_3. ハワイ旅行の計画を立てる:ホテルの営業状況

主要ホテルは、改装中などの一部を除き、ほとんどが営業中です。アメリカ疾病対策予防センター(CDC)などから出された新たな基準に沿って、衛生管理をより厳格にして営業しています。なお、10月15日より、一部ホテルの宿泊に、陰性証明の提示が求められます。

1_4. ハワイ旅行の計画を立てる:レストランや店舗の営業状況

レストランや店舗は、一部を除き、ほとんどが営業中です。
店内では飲食時以外はマスクの着用が義務づけられています。また、オアフ島は2021年9月13日より、マウイ島は2021年9月15日より、店内飲食には、ワクチン接種完了証明または48時間以内の陰性証明の提示が必要です。

1_5. ハワイ旅行の計画を立てる:交通機関の運行状況

タクシーやウーバー、リフトなどを含む交通機関を利用時は、マスク着用が義務付けられています。

ザ・バス/The Bus 運行中
これまで通り、現金での乗車は可能ですが、7月1日より、従来のバスパスや紙の「1day pass」が廃止になり、「ホロカード/HOLO Card」が導入されました。ホロカードは、日本の各種交通機関で使用されているICカードのように、乗車時に入金済みのカードをかざして、運賃を支払う電子乗車カードです。
ホロカードは、ザ・バスのオフィスやタイムス、フードランドなどで受け取れ、その場でチャージできます。

ワイキキトロリー/Waikiki Trolley 運行中
3路線で運行中です。
チケットの購入は▲▼こちら▼▲から。

レンタカー/Rent a Car 在庫希少
一時的に需要と供給のバランスが崩れており、一部の予約サイトでは値段が高騰しています。早めの予約をお勧めします。

  • ホノルル(オアフ島)

    【ワイキキ トロリー】

    ワイキキを起点に、ショッピングや観光に便利なワイキキトロリー!毎日運行であなたの旅をサポートします。 【アラモアナショッピングセンター/ピンクライン】ピンクラインで行ける主なアクセス先;ワイキキ内各所、アラモアナセンター-約30分間隔で運行。一周約60分。交通状況や天候により遅延やコース変更等発生する場合がございます。日曜日の運行は6:30PMまでとなります【市内アーツ・ディ…

    $25.00

1_6. ハワイ旅行の計画を立てる:アクティビティやオプショナルツアーの状況

屋外のアクティビティを中心に、営業を再開しています。
ただし、以前はあった送迎や食事の提供がない、催行日時が少なくなっているなどの変化があるアクティビティも少なくありません。また、アメリカ本土からの観光客の急増により、連日満席や完売のアクティビティも出ていますので、早めの予約をお勧めします。

2_1. ハワイ渡航前の準備:ESTAへの登録

ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される方は、ハワイ州を含む、アメリカ合衆国への入国には、出発の72時間前までに、電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の申請が必要です。以前に申請したことがある方は、有効期限の再確認をお勧めします。
「ESTA(エスタ)」の申請は▲▼こちら▼▲から。

出典:ESTA Online Center

2_2. ハワイ渡航前の準備:新型コロナウイルス陰性証明書を準備(フライト出発の72時間以内)

2021年1月26日より、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は米国に入国する全渡航者を対象に、新型コロナウイルス感染症陰性証明書の提示を義務化しています。また、証明を提示できない(提示しない)利用客に対して、航空会社は搭乗を拒否する義務があります。

2_3. ハワイ渡航前の準備:Safe Travels Programの登録

ハワイ州は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、州外からの渡航者に対し「セーフ・トラベルズ・プログラム/Safe Travels Program」を定め、健康状態や旅程を事前に記入するオンライン登録書「セーフ・トラベル・アプリケーション/Safe Travels Application」の提出を義務付けました。

「セーフ・トラベルズ・プログラム/Safe Travels Program」の登録は▲▼こちら▼▲から。
事前登録が可能ですが、現在の健康状態は24時間以内に出発が決定している方のみ、入力が可能です。入力手順の詳細は▲▼こちら▼▲から。

出典:ハワイ州観光局

2_4. ハワイ渡航前の準備:宣誓書の事前印刷と記入

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)からの要請により、宣誓書を事前に印刷・記入の上、提出が求められています。

出典:ESTA Online Center

3_1. ハワイ到着から帰国まで:ハワイ州滞在中のルール

屋内や公共の場所では、マスク着用が義務づけられています。また、6ft(約1.8m)のソーシャルディタンス確保や、手指洗いなどが推奨されています。

入店やホテルチェックインの際の検温、説明書面やメニューなどのデジタル化、キャッシュレスでの決済推奨が進んでおり、新しい基準に沿った行動が求められています。

3_2. ハワイ到着から帰国まで:隣島(ハワイ島、マウイ島、カウアイ島等)へ行く場合

オアフ島到着後、同日乗継での隣島訪問
ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)から出ず、その日のうちに隣島に乗り継ぐ場合は、各島に到着した際に日本国内のハワイ州指定医療機関が発行した陰性証明書原本と隣島用のQRコードの提示で、10日間の自己隔離が免除されます(オアフ島から隣島間で別にQRコードが必要)。

オアフ島宿泊後、別日での隣島訪問
2021年6月15日より、事前検査と自己隔離が不要になりました。

出典:ハワイ州観光局

3_3. ハワイ到着から帰国まで:帰国のための準備(日本の水際対策や日本入国のための陰性証明書取得)

日本に入国・再入国・帰国する際には、出国前72時間以内の検査証明の提出が求められるとともに、日本入国時に抗原検査が実施されています。
ワイキキPCR検査センター」は、予約から証明書受け取りまで日本語サポートが受けられます。

また、質問票の提出も必要です。

2022年1月3日より、新型コロナウイルス陽性の旅行者に対するガイドラインに変更があり、陽性の場合は、
・少なくとも5日間、症状がなくなるまで自己隔離
・隔離終了後5日間はマスク着用を継続
・5日目でも症状がある場合、旅行者は医師の診察を受け、検査まで隔離を推奨。検査結果が陽性であれば、さらに5日間隔離の継続、旅行の禁止

日本政府は、ハワイ州を「水際対策上特に対応すべき変異株に対する指定国・地域」及び「オミクロン株に対する指定国・地域」に指定しています。

ハワイ州からのすべての日本入国者及び帰国者については、令和3年/2021年12月20日午前0時(日本時間)からは検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で6日間待機いただき、入国後3日目及び6日目に改めて検査を受け、いずれの検査においても陰性と判定された場合は、宿泊施設を退所し、入国後14日目まで自宅等での待機を求められることとなりました。

最新情報は日本国厚生労働省のホームページをご確認ください。

  • 【初夢フェア2022】

    ホノルル(オアフ島)

    ハワイ自由旅行あんしんパック

    HISのハワイ行き航空券、ホテル、航空券+ホテルをご購入のお客様に現地日本語サポートが受けられるプランが登場! ハワイ自由旅行あんしんパックなら、10日間の隔離期間+陰性結果取得まであんしんの現地サポートがございます。自由に選べる3つのプランをご用意しております。なお、初夢フェア期間中(1/4 11:00~2/4 10:00まで)に航空券、ホテル、航空券+ホテルをご予約された全てのお客…

このページは、新型コロナウイルスの状況や規制変更に応じて、随時更新予定です。日本時間毎週水曜には、最新のハワイ情報をメールマガジンでも配信しています。メールマガジンの登録はこちらから

<2021/10/12の情報です>

LeaLea Web 編集部
ハワイ現地スタッフが集めたハワイの最新ニュースや、ハワイ州における新型コロナウイルス関連情報、ハワイ限定品やオリジナルデザインのコラボ商品、ホテルとバケーションレンタルの詳細情報をお届け。LeaLeaやHISハワイ支店からのお知らせや最新情報も発信しています。ハワイとハワイ旅行がより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック

close

LeaLea Webメールマガジンに
ご登録ください!

ハワイの最新情報や
お得なキャンペーン情報をお届けします