2021.04.16|オアフ島

コロナ禍で新規オープンしたハワイのレストラン10選 ― オアフ島ホノルル編 Vol.3

ニュース

3月11日よりホノルル市ではバーの営業が再開された他、春休みを兼ねてメインランドをはじめとする州外からの観光客で街中やビーチでも久方ぶりの賑わいが見られるようになりました。それでも、オープンしたばかりのレストランがその数ヶ月後には早々に閉業に追い込まれている、というケースもあるのが現状です。

このたびLeaLeaでは、食を通して人々に笑顔を提供し続けようと試行錯誤を繰り返す飲食店を応援すべく、日本の皆さまがハワイに戻られたらぜひ足を運んでいただきたい10店「ホノルル編 Vol.3」をお届けします(以下、アルファベット順)。

1. アレグリーニ・モッツァレラ/Allegrini Mozzarella

イタリア人オーナーによる本格派のイタリアンレストランがモンサラット通りに登場。南イタリアのバーリ出身で、祖母から受け継ぐイタリア料理をこよなく愛し、その文化をハワイに伝えようとする陽気なオーナーとの会話も楽しんでみては。ハッピーアワーも近々始める予定とのことなので、要チェック。(出典: @littleitalyhawaii

3045 Monsarrat Ave. @littleitalyhawaii

2. ダブルファット・アイスクリーム/Double Fat Ice Cream

「MWレストラン」や「ピギー・スモールズ」でシェフを務めていたブランドン・リー氏が「アロヒラニリゾート ワイキキビーチ」の裏手にアイスクリームショップをオープン。ハワイのフレーバーとして人気のリリコイはもちろん、干し梅の「リヒン・パウダー」や「ハニー・フリカケ」、おかきの様な「モチ・クランチ」のトッピングまで。ハワイならではのちょっぴり奇想天外な、目にも舌にも新しいアイスクリームを楽しんでみては。

2490 Kalakaua Ave. @doublefaticecream

3. 韓の台所/Han No Daidokoro

日本の渋谷や川崎で展開する高級焼肉店が2021年1月、カカアコの「ホールフーズ」向かいにオープン。A5ランク和牛のリブステーキ、宮崎牛のコロッケやローストビーフホットドッグ等、お肉好きにはたまらない逸品の数々。ローカルの美食家たちを魅了し、未だに予約困難な状況が続いているので、ご計画はお早めに。(出典: @hannodaidokoro_kakaako

1108 Auahi St. @hannodaidokoro_kakaako

4. コノズ/Kono's

12時間ゆっくりとローストしたカルアポークが人気の「コノズ」が、ノースショア、カイルア、カパフルに続いてワイキキのインターナショナルマーケットプレイス向かいにオープン。毎日7:00-21:00まで営業しているので、お店で作るミルクシェイクや搾りたてのライムエード、レモネードと一緒に気軽にローカルの味を楽しめる。現在はテイクアウトのみ。

2310 Kuhio Ave. @konosnorthshore

5. ニコス ピア38フードトラック/Nico's Pier 38 Food Truck

新鮮なシーフードとハーバーの景色が堪能できるとローカルにも人気のレストラン「ニコス ピア38」が、フードトラックを開始。フレッシュなポケ丼が恋しくなったら、月~金曜11:00-13:30、カカアコのマザーウォルドロンパークへGo!

Mother Waldron Park @nicofoodtruck

6. パーヴェ ドーナツ ストップ/PURVÉ Donut Stop

2018年に「イオラニセンター」にオープンして以来、インスタ映えする目にも楽しいドーナツで話題となった「パーヴェ ドーナツ ストップ」が早くも2店舗目をカハラの「クオノ・マーケットプレイス」にオープン。ベーコンエッグチーズがドーナツにサンドされた朝食メニューはカハラ店のみ。毎日6:00-21:00まで営業しているので、甘いもの好きな方はもちろん、そうでない方も、新感覚ドーナツをトライしてみては。

4210 Waialae Ave. @purvedonutstop

7. ショーズ・キッチン/Sho’s Kitchen Honolulu

トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ」で総料理長を務めていた生田目氏がアラモアナのウォルマート近くにある複合施設「808センター」にお弁当販売兼レストランをオープン。お弁当はどれも良心的な具材とボリュームで$10前後とリーズナブル。金・土曜18:00-21:00は「シェフズテーブル」として、本格的なコースディナーを楽しめる。要予約。

808 Sheridan St. @shoskitchenhonolulu

8. スカイ・ワイキキ/SKY Waikiki RAW & BAR

「ワイキキショッピングプラザ」19階のルーフトップレストラン「スカイ・ワイキキ」が2020年末にリニューアルオープン。新鮮なシーフードが楽しめるほか、シャンパンのセレクションからお好みに応じてグラスでオーダーできるのがうれしい特徴。年内には、日本の一流イタリアンシェフ落合務氏のレストラン「ラ・ベットラ」のグランドオープンも同フロア内に予定しているというから、引き続き要注目。

2270 Kalakaua Ave. @skywaikiki

9. トライ・コーヒー/TRY Coffee

「ホノルルコーヒー」「コナコーヒー・パーベイヤーズ」といった名店で、クラフトコーヒーの腕を磨いてきたティモシー “TK” ヤマダ氏が満を持して「ワードセンター」の2階に自身のショップをオープン。本格派のコーヒーはもちろん、ハワイ産のスピルリナを使用した抹茶ラテなどの変わり種も。ペイストリーやランチメニューはご近所の「ピギー・スモールズ」から仕入れているとのことで、オーナーのイチオシはクリームチーズフロスティングのシナモンロール!

1200 Ala Moana Blvd. @trycoffeehi

10. 洋食銀座梅林/Yoshoku Ginza Bairin

東京銀座で3世代に渡って受け継がれてきた老舗とんかつ店が手掛ける「洋食」専門店がハワイで初出店。オムライス、ビーフシチュー、ハンバーグをはじめとする昔懐かしい洋食の味は、ハワイ在住の日本人はもちろん、多くのローカルをも魅了。アクセスの良いワイキキなので、日本の味が恋しくなった際に訪れてみては。

255 Beach Walk St. @yoshoku_ginza_bairin

このたびの「コロナ禍で新規オープンしたハワイのレストラン10選 ― オアフ島ホノルル編 Vol.3」、いかがでしたでしょうか?「ホノルル編 Vol.1-2」と併せて、気になったお店は次回のハワイ旅行の際にぜひ足を運んでみてください。

これからも不定期で「〇〇編」をお届けしますので、お楽しみに!

<2021/04/15の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック

close

LeaLea Webメールマガジンに
ご登録ください!

ハワイの最新情報や
お得なキャンペーン情報をお届けします