2021.02.06|オアフ島

コロナ禍で新規オープンしたハワイのレストラン10選 ― オアフ島ホノルル編 Vol.2

ニュース

長引く新型コロナウイルスの影響は、観光業と同様、ハワイの飲食業にも大きな爪痕を残しています。一方で、そのコロナ禍にあっても確実に芽吹き、新規オープンを果たし、懸命に花を咲かせようとしている飲食店の姿もあります。

ハワイ州で外出禁止令が発令された昨年3月25日から早1年が経とうとしています。従来とは異なり、テイクアウト限定のスタイルを採用したり、ソーシャルディスタンスを確保したダイニングスペースを設けたりと、食を通して人々に笑顔を提供し続けようと試行錯誤を繰り返してきた飲食店の姿がありました。

このたびLeaLeaではそんな飲食店を応援すべく、日本の皆さまがハワイに戻られたらぜひ足を運んでいただきたい10店「ホノルル編 Vol.2」をお届けします(以下、アルファベット順)。

1. アロハ・ビア・ダウンタウン/Aloha Beer Downtown

カカアコで人気の「アロハ・ビア・カンパニー」がダウンタウンに進出。リノベーションされたばかりのセントラルパシフィックバンク本社のビル内にオープンし、クラフトビールはもちろん、フラットブレッド ピザやホットサンドイッチ等のフードも提供。

220 S. King St. @alohabeerdowntown

2. コシーナ・デ・ローハ/Cocina De Roja

台湾式鍋で人気だったモイリイリの「スウィートホームカフェ」が休業し、その一部跡地に本格派メキシカンがオープン。お肉を唐辛子とスパイスでじっくり煮込んだメキシコの伝統料理、ビリアのタコスやサンド、フォーなどが楽しめる。(写真提供: @dinewith.diana

2334 S. King St. @cocinaderoja

3. デルズ・キッチン&ベーカリー/Dell's Kitchen & Bakery

カカアコで人気の地中海イタリアン「ヴェイン・アット・カカアコ」のシェフ、デル・バルデス氏によるテイクアウト限定のプレートランチ店。惜しまれつつ閉業したカハラの「セントラル・ベーカリー」の日本人シェフ、マサノリ・ツダ氏も参画したプレートの数々は折り紙付き。

また、ベーカリーで販売されている食パンやバゲットには、本企画「ホノルル編 Vol.1」でご紹介したカカアコの酒蔵「Islander Sake Brewery」から仕入れる酒粕を使用しているため、香り高く美味。大吟醸の酒粕が仕入れられた日は、その名も「Daiginjo」というパンも並ぶそうなので、試してみたい。

1110 McCully St. @dellskitchenandbakery

4. 平方ハウス/Heiho House

食事も楽しめるパブとして、ローカルを中心にダウンタウンで人気の「スクエア・バレルズ」のオーナー2人がガストロパブスタイルの居酒屋をカイムキにオープン。クラフトカクテルやクラフトビールのムーブメントにインスパイアされた居酒屋ということで、クリエイティブなドリンクはもちろん、料理の一皿一皿も美しい。

1127 11th Ave. @heiho_house

5. ミオ・パスタロジー/Mio Pastalogy

前出の「デルズ・キッチン&ベーカリー」の隣にオープンした、同じくデル・バルデス氏によるテイクアウト限定の新感覚パスタ専門店。お好みの生パスタ、ソース、お肉またはシーフード、野菜、そしてチーズのトッピングをチョイスして、あなただけのパスタが楽しめます。

1110 McCully St. @miopastalogy

6. ミロ・カイムキ/Miro Kaimuki

23年もの間カイムキの地で愛され、惜しまれつつ閉業したフレンチ「カフェ・ミロ」。このたび、「セニア」のオーナーシェフとしても有名なクリス・カジオカ氏の手によって「ミロ・カイムキ」として新たにオープン。日本の趣や技巧をアクセントに添えつつ、フレンチにインスパイアされた料理の数々は、視覚にも味覚にも美しい。(出典: @mirokaimuki

3446 Waialae Ave. @mirokaimuki

7. モチ・ドー/Mochi Do

モチモチ食感のドーナツの人気はハワイでも根強いのです!ウベ・クリームチーズや、ハウピア・パイ等、ハワイらしいフレーバーも豊富で、どれもキュートでインスタ映えしそう。日曜以外は毎日朝8時~12時までオープンしているので、朝食にできたてをいかが?(出典: @mochidohawaii

444 Niu St. @mochidohawaii

8. パパ・カーツ/Papa Kurt's

ハワイの人々のソウルフード、サイミンのお店がモイリイリにオープン。このサイミン・スタンドは、前出のクリス・カジオカ氏とマーク・ノグチ氏の二人のシェフが師と慕った、亡きハワイ島の農家、カート・ヒラバラ氏へのオマージュ。ローカルの人々がノスタルジックに感じる味を体験してみては。(出典: @papakurts

925 Isenberg St. @papakurts

9. ピッツァ・マモ/Pizza Mamo

本企画「ホノルル編 Vol.1」でご紹介した「ブリック・ファイヤー・タバーン」が現在のカイムキに移転する前にあったチャイナタウンの跡地にオープン。前者はナポリピッツァだったのに対し、こちらはブルックリン/デトロイトスタイルのピザ。現在はホールのみでの提供ですが、コロナ禍が収束に向かった際にはスライスやサラダの提供も予定しているとのこと。ダイニングスペースもあるので、新しいピザを食べ比べてみては。

16 N. Hotel St. @pizzamamo

10. テックス808 BBQ + ブリュー モアナルア店/TEX 808 BBQ + BREWS Moanalua

ホノルル東部の「ハワイカイ・タウン・センター」にある「テックス808 BBQ + ブリュー」が、ホノルル西部の「モアナルア・ショッピング・センター」に進出。ブリスケット、リブ、プルド・ポーク、ソーセージといったテキサススタイルのバーベキューはどれも食べごたえあり。

930 Valkenburgh St. @tex_808

このたびの「コロナ禍で新規オープンしたハワイのレストラン10選 ― オアフ島ホノルル編 Vol.2」、いかがでしたでしょうか?「ホノルル編 Vol.1」と併せて、気になったお店は次回のハワイ旅行の際にぜひ足を運んでみてください。

これからも不定期で「〇〇編」をお届けしますので、お楽しみに!

<2021/02/05の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック