2020.12.28|オアフ島

5月14日HST更新:コロナ禍で新規オープンしたハワイのレストラン ― オアフ島ホノルル編 

食べる

長引く新型コロナウイルスの影響は、観光業と同様、ハワイの飲食業にも大きな爪痕を残しています。一方で、そのコロナ禍にあっても確実に芽吹き、新規オープンを果たし、懸命に花を咲かせようとしている飲食店の姿もあります。

このたびLeaLeaではそんな飲食店を応援すべく、日本の皆さまがハワイに戻られたらぜひ足を運んでいただきたいレストラン・カフェ特集「ホノルル編」をお届けします(以下、アルファベット順)。

アレグリーニ・モッツァレラ/Allegrini Mozzarella

イタリア人オーナーによる本格派のイタリアンレストランがモンサラット通りに登場。南イタリアのバーリ出身で、祖母から受け継ぐイタリア料理をこよなく愛し、その文化をハワイに伝えようとする陽気なオーナーとの会話も楽しんでみては。ハッピーアワーも近々始める予定とのことなので、要チェック。(出典: @littleitalyhawaii

3045 Monsarrat Ave. @littleitalyhawaii

アロハ・ビア・ダウンタウン/Aloha Beer Downtown

カカアコで人気の「アロハ・ビア・カンパニー」がダウンタウンに進出。リノベーションされたばかりのセントラルパシフィックバンク本社のビル内にオープンし、クラフトビールはもちろん、フラットブレッド ピザやホットサンドイッチ等のフードも提供。

220 S. King St. @alohabeerdowntown

ブリック・ファイヤー・タバーン/Brick Fire Tavern

石窯で焼く本格的なナポリピッツァが人気のイタリアンがチャイナタウンからカイムキに移転。スイーツ好きの方には、フルーツとヌテラを使った絶品デザート「ヌテラ・カルツォーネ」もおススメ。

3447 Waialae Ave. @brickfiretavern

コシーナ・デ・ローハ/Cocina De Roja

台湾式鍋で人気だったモイリイリの「スウィートホームカフェ」が休業し、その一部跡地に本格派メキシカンがオープン。お肉を唐辛子とスパイスでじっくり煮込んだメキシコの伝統料理、ビリアのタコスやサンド、フォーなどが楽しめる。(写真提供: @dinewith.diana

2334 S. King St. @cocinaderoja

デルズ・キッチン&ベーカリー/Dell's Kitchen & Bakery

カカアコで人気の地中海イタリアン「ヴェイン・アット・カカアコ」のシェフ、デル・バルデス氏によるテイクアウト限定のプレートランチ店。惜しまれつつ閉業したカハラの「セントラル・ベーカリー」の日本人シェフ、マサノリ・ツダ氏も参画したプレートの数々は折り紙付き。

また、ベーカリーで販売されている食パンやバゲットには、本企画「ホノルル編 Vol.1」でご紹介したカカアコの酒蔵「Islander Sake Brewery」から仕入れる酒粕を使用しているため、香り高く美味。大吟醸の酒粕が仕入れられた日は、その名も「Daiginjo」というパンも並ぶそうなので、試してみたい。

1110 McCully St. @dellskitchenandbakery

ダブルファット・アイスクリーム/Double Fat Ice Cream

「MWレストラン」や「ピギー・スモールズ」でシェフを務めていたブランドン・リー氏が「アロヒラニリゾート ワイキキビーチ」の裏手にアイスクリームショップをオープン。ハワイのフレーバーとして人気のリリコイはもちろん、干し梅の「リヒン・パウダー」や「ハニー・フリカケ」、おかきの様な「モチ・クランチ」のトッピングまで。ハワイならではのちょっぴり奇想天外な、目にも舌にも新しいアイスクリームを楽しんでみては。

2490 Kalakaua Ave. @doublefaticecream

エタァル/et al.

11月にカハラにオープンした「カハラマーケット by フードランド」内に併設。ラテン語で「その他」を意味する店名は、気軽に立ち寄ることのできる「近所の食堂」になりたいというレストランチームの願いが込められている。ハワイ独自の食材や世界各地から集めた味からインスピレーションを得たネオアメリカンスタイルの多国籍なメニュー。

4210 Waialae Ave. @etalhawaii

韓の台所/Han No Daidokoro

日本の渋谷や川崎で展開する高級焼肉店が2021年1月、カカアコの「ホールフーズ」向かいにオープン。A5ランク和牛のリブステーキ、宮崎牛のコロッケやローストビーフホットドッグ等、お肉好きにはたまらない逸品の数々。ローカルの美食家たちを魅了し、未だに予約困難な状況が続いているので、ご計画はお早めに。(出典: @hannodaidokoro_kakaako

1108 Auahi St. @hannodaidokoro_kakaako

平方ハウス/Heiho House

食事も楽しめるパブとして、ローカルを中心にダウンタウンで人気の「スクエア・バレルズ」のオーナー2人がガストロパブスタイルの居酒屋をカイムキにオープン。クラフトカクテルやクラフトビールのムーブメントにインスパイアされた居酒屋ということで、クリエイティブなドリンクはもちろん、料理の一皿一皿も美しい。

1127 11th Ave. @heiho_house

ホーリーグレイルドーナツ/Holey Grail Donuts truck

生地にタロイモや植物由来の原材料のみを使用し、カウアイ島でブレイクしたドーナツがオアフ島に上陸。ドーナツ一つひとつがとてもキュートでインスタ映えすること間違いなし。

1200 Ala Moana Blvd. @holeygraildonuts

稲葉ハナレイ・ホノルル/i-naba Hanalei'i Honolulu

店名の「Hanalei’i」は、三日月を意味するカウアイ島の「Hanalei」という地名に由来した造語。「私達はどこまでもチャレンジする。満月になるまで…」という決意が込められているそう。元祖「稲葉ホノルル店」と変わらぬ蕎麦、天ぷら、そして鉄板焼きをゆったりとした空間で楽しめる。

1726 S.king St. @inaba_hanaleii_honolulu

1938インドシナ/1938 Indochine

「道楽寿司」や「ブルーツリーカフェ」など数々のレストランを経営するケビン青木氏が東南アジアのキュイジーヌをプロデュース。パリから呼んだベトナム人シェフとタッグを組み、ヨーロピアンテイストが香る本場の東南アジアの世界観をカカアコで展開する。

602 Ala Moana Blvd. @1938indochine

アイランダー・クラ・キッチン/Islander Kura kitchen

酒蔵「Islander Sake Brewery」内に併設するバーで、生酒に合う一品を提案する。お酒はもちろん、甘酒を使用した発酵スイーツや酒かすを使用したパンなども購入できる。コロナ収束後は、ハワイのお米からお酒をつくるのが夢と熱く語る日本人店主のバーは、ローカルやアメリカ本土からの観光客が集う。

753 Queen St. @islandersake

イスタンブール/Istanbul

ファーマーズマーケットから始まった母・娘のトルコ/地中海料理の世界がスケールアップしてワードビレッジにオープン。代々伝わる本場の味に、まるでトルコに迷い込んだかのよう。

1108 Auahi St. @istanbulhawaii

カパハレ/Kapa Hale

「アラン・ウォンズ」や「THE PIG & THE LADY」など、数々のトップシェフの下で経験を積んできたオーナーシェフ、ケアカ・リー氏がカハラの一角にオープン。一枚のお皿をまっさらなカパ(ポリネシアンの伝統的な布)に見立て、自らのイマジネーションを基に地の素材を活かしてストーリーを語っていくというその世界感は、視覚にも味覚にも美しい。

4614 Kilauea Ave.  @4614kapahale

コノズ/Kono's

12時間ゆっくりとローストしたカルアポークが人気の「コノズ」が、ノースショア、カイルア、カパフルに続いてワイキキのインターナショナルマーケットプレイス向かいにオープン。毎日7:00-21:00まで営業しているので、お店で作るミルクシェイクや搾りたてのライムエード、レモネードと一緒に気軽にローカルの味を楽しめる。現在はテイクアウトのみ。

2310 Kuhio Ave. @konosnorthshore

ミオ・パスタロジー/Mio Pastalogy

前出の「デルズ・キッチン&ベーカリー」の隣にオープンした、同じくデル・バルデス氏によるテイクアウト限定の新感覚パスタ専門店。お好みの生パスタ、ソース、お肉またはシーフード、野菜、そしてチーズのトッピングをチョイスして、あなただけのパスタが楽しめます。

1110 McCully St. @miopastalogy

ミロ・カイムキ/Miro Kaimuki

23年もの間カイムキの地で愛され、惜しまれつつ閉業したフレンチ「カフェ・ミロ」。このたび、「セニア」のオーナーシェフとしても有名なクリス・カジオカ氏の手によって「ミロ・カイムキ」として新たにオープン。日本の趣や技巧をアクセントに添えつつ、フレンチにインスパイアされた料理の数々は、視覚にも味覚にも美しい。(出典: @mirokaimuki

3446 Waialae Ave. @mirokaimuki

モチ・ドー/Mochi Do

モチモチ食感のドーナツの人気はハワイでも根強いのです!ウベ・クリームチーズや、ハウピア・パイ等、ハワイらしいフレーバーも豊富で、どれもキュートでインスタ映えしそう。日曜以外は毎日朝8時~12時までオープンしているので、朝食にできたてをいかが?(出典: @mochidohawaii

444 Niu St. @mochidohawaii

ニコス ピア38フードトラック/Nico's Pier 38 Food Truck

新鮮なシーフードとハーバーの景色が堪能できるとローカルにも人気のレストラン「ニコス ピア38」が、フードトラックを開始。フレッシュなポケ丼が恋しくなったら、月~金曜11:00-13:30、カカアコのマザーウォルドロンパークへGo!

Mother Waldron Park @nicofoodtruck

パパ・カーツ/Papa Kurt's

ハワイの人々のソウルフード、サイミンのお店がモイリイリにオープン。このサイミン・スタンドは、前出のクリス・カジオカ氏とマーク・ノグチ氏の二人のシェフが師と慕った、亡きハワイ島の農家、カート・ヒラバラ氏へのオマージュ。ローカルの人々がノスタルジックに感じる味を体験してみては。(出典: @papakurts

925 Isenberg St. @papakurts

ピッツァ・マモ/Pizza Mamo

本企画「ホノルル編 Vol.1」でご紹介した「ブリック・ファイヤー・タバーン」が現在のカイムキに移転する前にあったチャイナタウンの跡地にオープン。前者はナポリピッツァだったのに対し、こちらはブルックリン/デトロイトスタイルのピザ。現在はホールのみでの提供ですが、コロナ禍が収束に向かった際にはスライスやサラダの提供も予定しているとのこと。ダイニングスペースもあるので、新しいピザを食べ比べてみては。

16 N. Hotel St. @pizzamamo

パーヴェ ドーナツ ストップ/PURVÉ Donut Stop

2018年に「イオラニセンター」にオープンして以来、インスタ映えする目にも楽しいドーナツで話題となった「パーヴェ ドーナツ ストップ」が早くも2店舗目をカハラの「クオノ・マーケットプレイス」にオープン。ベーコンエッグチーズがドーナツにサンドされた朝食メニューはカハラ店のみ。毎日6:00-21:00まで営業しているので、甘いもの好きな方はもちろん、そうでない方も、新感覚ドーナツをトライしてみては。

4210 Waialae Ave. @purvedonutstop

ショーズ・キッチン/Sho’s Kitchen Honolulu

トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ」で総料理長を務めていた生田目氏がアラモアナのウォルマート近くにある複合施設「808センター」にお弁当販売兼レストランをオープン。お弁当はどれも良心的な具材とボリュームで$10前後とリーズナブル。金・土曜18:00-21:00は「シェフズテーブル」として、本格的なコースディナーを楽しめる。要予約。

808 Sheridan St. @shoskitchenhonolulu

スカイ・ワイキキ/SKY Waikiki RAW & BAR

「ワイキキショッピングプラザ」19階のルーフトップレストラン「スカイ・ワイキキ」が2020年末にリニューアルオープン。新鮮なシーフードが楽しめるほか、シャンパンのセレクションからお好みに応じてグラスでオーダーできるのがうれしい特徴。年内には、日本の一流イタリアンシェフ落合務氏のレストラン「ラ・ベットラ」のグランドオープンも同フロア内に予定しているというから、引き続き要注目。

2270 Kalakaua Ave. @skywaikiki

サン ティー ミックス/Sun Tea Mix Hawaii

バブルティーにスムージー、スフレパンケーキにジェラートまで、美味しいワンストップショップがカカアコに登場。創業者の「クオリティ第一」という信念の下、中国や台湾から取り寄せた最高級の茶葉と新鮮なハワイのフルーツや乳製品を使用して作られるドリンクの数々はどれもキュート。

400 Keawe St.  @sunteamix808

テックス808 BBQ + ブリュー モアナルア店/TEX 808 BBQ + BREWS Moanalua

ホノルル東部の「ハワイカイ・タウン・センター」にある「テックス808 BBQ + ブリュー」が、ホノルル西部の「モアナルア・ショッピング・センター」に進出。ブリスケット、リブ、プルド・ポーク、ソーセージといったテキサススタイルのバーベキューはどれも食べごたえあり。

930 Valkenburgh St. @tex_808

トライ・コーヒー/TRY Coffee

「ホノルルコーヒー」「コナコーヒー・パーベイヤーズ」といった名店で、クラフトコーヒーの腕を磨いてきたティモシー “TK” ヤマダ氏が満を持して「ワードセンター」の2階に自身のショップをオープン。本格派のコーヒーはもちろん、ハワイ産のスピルリナを使用した抹茶ラテなどの変わり種も。ペイストリーやランチメニューはご近所の「ピギー・スモールズ」から仕入れているとのことで、オーナーのイチオシはクリームチーズフロスティングのシナモンロール!

1200 Ala Moana Blvd. @trycoffeehi

ワイキキ・フードホール/Waikiki Food Hall

今年3月にグランドオープンしてまもなく、コロナの影響で一時休業となっていたロイヤル・ハワイアン・センター内のフードホールが再始動。ローカル食材を使用したハワイを代表するグルメやスイーツ、ドリンクなど「ハワイの美味しいもの」をコンセプトとした個性的なお店が並ぶ。思わずカメラを向けたくなるハワイらしいウォールアートも楽しめる。

2301 Kalakaua Ave.  @waikikifoodhall

洋食銀座梅林/Yoshoku Ginza Bairin

東京銀座で3世代に渡って受け継がれてきた老舗とんかつ店が手掛ける「洋食」専門店がハワイで初出店。オムライス、ビーフシチュー、ハンバーグをはじめとする昔懐かしい洋食の味は、ハワイ在住の日本人はもちろん、多くのローカルをも魅了。アクセスの良いワイキキなので、日本の味が恋しくなった際に訪れてみては。

255 Beach Walk St. @yoshoku_ginza_bairin

「コロナ禍で新規オープンしたハワイのレストラン ― オアフ島ホノルル編」、いかがでしたでしょうか? 気になるお店は、次回のハワイ旅行の際にぜひ足を運んでみてください。

<2021/05/14の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック

close

LeaLea Webメールマガジンに
ご登録ください!

ハワイの最新情報や
お得なキャンペーン情報をお届けします