2020.12.18|オアフ島

ハワイ州、訪問者の自己隔離期間を14日間から10日間へ短縮。現地時間12月17日より施行開始

ニュース

デイビット・イゲ州知事はハワイ時間12月16日(水)、ハワイ州内での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、州の訪問者に義務化されている14日間の自己隔離期間を10日間に短縮すると発表しました。ハワイ現地時間12月17日(木)午前零時より、ハワイ州指定医療機関(日本国内含む)からの指定陰性証明書(英語)の提示を行わない州外からの訪問者、また州内島間の移動者に適用されます。

このたびの決定は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)とハワイ州保健局による最新の推奨事項に基づいたもので、イゲ州知事は、「新型コロナウイルスの感染拡大を防止しつつ、隔離による精神上の健康問題および法令順守の改善、そして業務に復帰できない間の経済的打撃を軽減できる」としています。

尚、日本出発の72時間前までに認可済みの検査機関で核酸増幅検査(NAAT検査)を受け、ハワイ州到着時に陰性の証明を提示することで、到着後の10日間自己隔離は従来通り免除されます。

このたびの発表とともに、ハワイ州指定医療機関(日本国内含む)からの指定陰性証明書(英語)の提示を行わない渡航者への自己隔離措置は、2020年12月31日から2021年2月14日まで延長されました。

出典:ハワイ州観光局 ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト

旅行前からハワイ到着までの詳しいプロセスに関しても、ハワイ州観光局 ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイトHP でも発信されています。

LeaLea Webでは、営業を再開したハワイのホテル情報や、COVID-19 新型コロナウイルスに伴うハワイの最新情報も発信しています。ぜひ、ご覧ください。

<2020/12/17の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック