2020.12.02|マウイ島

年末年始特別企画! オアフ島・マウイ島・ハワイ島パワースポット巡りと「ハワイ出雲大社」オンライン参拝

ニュース

オアフ島、マウイ島、ハワイ島の3島を同時中継でつなぎ、ハワイの年末年始の風景とマナ(エネルギー)が宿ると言われているスポットもご紹介する、年末年始の特別オンライン企画です。




オアフ島からは、人々が海を楽しんでいるワイキキビーチやカラカウア通り、そして、ワイキキビーチ交番のすぐそばにある大きな4つの石、古代ハワイアンの時代からヒーリングの力が宿っていると信じられている「カパエマフ・ストーンズ/魔法使いの石」をご紹介します。



マウイ島からはノスタルジックな街並みが人気のラハイナタウンや、ラハイナの港の端にある「ハウオラ・ストーン」をご紹介します。椅子のような形の石は、14~15世紀のハワイ王国当時、神聖なものと考えられていた海面に見え隠れする石です。



ハワイ島からは歴史的な建物が残るカイルア・コナの街並みと、ハワイアンの聖地ともされる、カメハメハ大王が1812年に豊穣と平和の神のため再建した神殿跡「アフエナ・ヘイアウ」からライブ中継します。



ツアーの最後には、オアフ島の「ハワイ出雲大社」にバーチャル参拝です。
ワイキキから車で約15分に位置するハワイ出雲大社は、1906年(明治39年)広島県の神職であった宮王 勝良(みやおう かつよし)初代分院長によって、日系移民への神道布教を目的として出雲大社教会所が開設されたことに始まる由緒正しい神社です。日本では「縁結び」の神様として有名な出雲大社ですが、ハワイ出雲大社では良縁成就のご利益はもちろん、日本文化の象徴的存在として、ハワイの風土に溶け込んだ神社として100年以上もの間、地元の人々に親しまれています。

年に一度の大セール「初夢フェア」に合わせて、割引プランもご用意しました。世界各地のオンラインバーチャルツアーだけを集めた新しいWebサイトもできました。世界中に支店のあるHISの強みを生かしたオンラインバーチャル配信ツアーです。ぜひのぞいてみてください。
皆さまのご参加、ご参拝をお待ちしています。

<2020/11/30の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック