2020.10.23|オアフ島

「JALホノルルマラソン2020」12月13日の開催を断念、開催延期を検討へ

ニュース

ホノルルマラソン協会は、10月22日(ハワイ時間)に、2020年12月13日にオアフ島にて開催を予定されていた「JALホノルルマラソン2020」を断念すると発表しました。

ホノルルマラソン協会は、大会運営側とホノルル市郡・ハワイ州政府で安全に大会が運営できるよう協議を続けていたものの、大会運営に必要な公道・公園の利用許可の取得が困難なことから、このたびの決定に至ったとしています。2020年12月13日に開催予定だったフルマラソンの他、同日に開催予定であった10kラン&ウォーク、カラカウアメリーマイルの関連レースも併せて開催中止が発表されています。ホノルルマラソン協会は今後、2021年上半期の大会開催を目指し、ホノルル市郡・ハワイ州政府と協議を続けていくとのこと。2021年上半期に延期開催ができなかった場合、エントリー済みのランナーは2021年12月の大会へ追加代金無しで参加が可能と発表されています。

出典1:ホノルルマラソン日本事務局からのお知らせ

ホノルルマラソン英語サイトによると、2020年12月にバーチャルでのマラソンレース開催も併せて発表されています。バーチャルレース参加者は、GPSトラッキング機能があるランニングアプリ、またはスマートウォッチを利用し、各自走った距離とランニング時間を証明するものを専用プラットフォームにアップロードすることで、参加メダルとフィニッシャーズTシャツが後日自宅に届けられます。日本在住の方のバーチャルレース参加登録に関する詳細は、11月初旬に日本事務局サイトで発表予定とのことです。

出典2:Honolulu Maraton HP(英語)

LeaLea Hawaii TVでもこのニュースを詳しく動画で発信しています。10月15日から事前検査プログラムがスタートしたハワイで、観光客は増えたのか?ワイキキ散歩の動画と共にハワイ最新ニュースをご覧ください。

LeaLea Hawaii TVでは、続々と営業再開するハワイのホテルの様子を発信しています。LeaLea Hawaii TVからご覧ください。

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック