2020.10.23|オアフ島

オアフ島 新型コロナウイルス予防対策「リカバリー フレームワーク」、10月22日より1段階規制緩和へ

ニュース

10月21日(ハワイ時間)ホノルル市郡のコールドウェル市長が、10月22日よりオアフ島での新型コロナウイルス予防対策「リカバリーフレームワーク」を【Tier1】より【Tier2】に緩和すると発表しました。

9月24日より、リカバリーフレームワークと呼ばれる、新型コロナウイルス予防対策プラン【Tier 1】が過去4週間オアフ島にて施行されていましたが、オアフ島内での過去7日間の新規感染者数平均が64名、検査結果の陽性者数比率が2.9%に下降していることを受け、1段階の規制緩和【Tier 2】が10月22日より施行されます。

リカバリーフレームワーク【Tier2】での大きな変更点は、
・レストラン店内での飲食が、1テーブル5名まで可能(同世帯の制限が撤廃)
・ジム、フィットネス施設が収容人数25%までの制限で営業可能(グループレッスンに関しては、屋内5名まで、屋外10名までの制限有り)
・短期滞在のバケーションレンタル宿泊可
・映画館での飲食販売可(収容人数は50%のまま)
・ヘリコプターツアーは、収容人数50%での営業再開

屋内と屋外(ビーチや公園等)での会合・集会に関しては、【Tier 2】の期間も1グループ5名までの制限が続きます。また、酒類を提供するバーやナイトクラブも【Tier 2】の期間は、営業の再開は禁止されています。

Tier 2 Honolulu Reopening Strategy – For more info go to oneoahu.org by Honolulu DEM

出典(英語):https://www.oneoahu.org/reopening-strategy

【Tier 2】施行後の第3~第4週の2週間の新規感染者数平均と検査結果の陽性者数比率を基に、11月下旬頃に【Tier 3】への更なる規制緩和への移行が協議される予定です。

<2020/10/21の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック