2020.10.27|オアフ島

へなしゅん的ハワイ事典

へなしゅん的ハワイ事典 – カハラモール

ショッピング

ハワイのショッピングセンターといえば、アラモアナセンターが有名です。アラモアナセンターができたのは1959年。ハワイがアメリカ50番目の州になった年です。2番目に大きいパールリッジセンターができたのは1972年。じゃ、カハラモールはもっと最近かもなぁと思うかもしれませんが違います。なんとカハラモールは1954年生まれの、アラモアナセンターよりも歴史があるショッピングセンターです。っていうか、ハワイがアメリカの州になる前にオープンしています。

1950年代といえば、第二次世界大戦が終わったばかり。ハワイは観光に力を入れ始めていましたが、まだサトウキビ畑が残っている時代。できたばかりのアラモアナセンターの写真を見ても、まだまわりはガラガラの空き地です。カハラなんてもっとガラガラだったんじゃないのか?と思うかもしれませんが、ハワイ好きならちょっとだけ歴史を知っておきましょう。

1901年 ワイキキにモアナホテルができる
1928年 アラワイ運河ができる

そのずーっと前から、ワイアラエアベニューはありました。ダイヤモンドヘッドの山側にあるカイムキエリアの幹線道路です。このワイアラエアベニューと垂直に交差する道路は、1stアベニュー、2ndアベニュー、3rdアベニュー…..と、細いのに「アベニュー」なんて名前が付けられています。まだ道そのものが少ない時代だったのがよく分かります。この数字がついた道は、カハラモール手前の22ndアベニューまで続いています。

この数字がついた「アベニュー」沿いには、歴史を感じる家が今でもたくさん並んでいます。ワイアラエアベニューも、今よりも賑わっていたのかもしれません。そしてその先に、ショッピングセンターが登場します。上の写真がそれ。当時は、「ワイアラエショッピングセンター」という名前やったそうです。ワイアラエアベニューの先にあるから、そんな名前やったんでしょうね。

現在からすれば小さいし、まわりは駐車場がいっぱいでガラガラですが、そのまわりは住宅でいっぱいです。

1960年にH1フリーウェイが開通します。このH1は、ワイアラエエリアのど真ん中を通っています。ワイアラエエリアが分断されたのです。ワイアラエショッピングセンターにとって、これは大きな痛手やったと思います。1969年〜1970年、ワイアラエショッピングセンターは改装し、名前も「カハラモール」に変えられました。

歴史を知ると、なんだかゆっくり見て歩きたくなりませんか?

※写真は、http://imagesofoldhawaii.com/から使わせていただきました。

<2020/10/21の情報です>

へなしゅん
へなしゅん
福井県若狭地方生まれ。30歳を越えてからハワイ情報サイトの編集長としてハワイ入りし、現在は「ハワイスクープ」の編集長。ハワイ生活は20年目。WEB編集をやっているけれど、WEB技術は20年前レベル。英語も話せないまま。ハワイ史が好きでいろいろ調べたけれど、ハワイの象徴・フラは未経験、ウクレレもハワイ語もすべて中途半端なレベルというダメなおっさん。でも、記事は細かく作っている(つもり)。

ジャンル「ショッピング」の最新記事

その他のジャンルをチェック