2020.10.09|オアフ島

JALホノルルマラソン2020 今年の変更点一覧とハワイからの生中継もあるオンラインマラソンセミナー開催決定!

ニュース

12月13日(日)に開催が予定されている「JALホノルルマラソン2020」の新型コロナウイルス(Covid-19)対策に伴う去年からの変更点と、ハワイとの生中継で現地情報もわかる、HISスポーツイベントセクション主催の10月24日(土)「HIS JALホノルルマラソンツアー オンライン講習会」をお知らせします。世界中どこからでも参加OKなオンライン講習会で、ホノルルマラソンへの準備を始めてみませんか?


毎年、世界中から3万人以上の参加者が集まる「JALホノルルマラソン」。2020年もハワイの青い空と海を楽しみながら走れるように、新型コロナウイルス(Covid-19)対策を考慮しつつ、12月13日(日)の開催が予定されています。

例年との主な違いは次の通り。
・延期の場合はスライド参加可。中止の場合は来年への振り替え可
・ランニングアプリを利用したバーチャルラン参加も検討中
・スタート地点と時間の調整
・ダイヤモンドヘッド周辺の一部コースの変更
・ゴール地点での混雑緩和のため、対策予定
・スタート地点とゴール地点でのマスクやフェイスカバー着用
・エイドステーションのセルフサービス化
・コース各所へのハンドサニタイザー等、消毒薬の設置
・ハワイでの大会の開催は現時点も最終検討中

現時点では、詳細は検討中で、順次確定後、大会公式ホームページで発表されることも多いですが、参加を検討されている方には、トレーニングなどの事前準備も必要な時期に来ていることもあり、HISスポーツイベントセクションでは、湘南ベルマーレトライアスロンチームGMで、HISマラソンツアー帯同コーチの中島靖弘さんを招いて、日本時間:10月24日(土)10:00~/ハワイ時間:10月23日(金)15:00~「HIS JALホノルルマラソンツアー オンライン講習会」を、ハワイからのライブ中継も交えながら開催します。

<主な内容>
・現在のホノルルの様子を生中継
・JALホノルルマラソン2020 大会概要紹介
・JALホノルルマラソン2020 コース紹介
・滞在におすすめのホテル&食事について
・フルマラソンに必要な体力と技術について
・理想のフォームとはどんな動き?
・効率よくトレーニングするために知っておきたい事とは?
・ランニングアプリ使用で参加者と繋がりながらラン&コーチング

参加申込みは日本時間:10月19日(月)18:00/ハワイ時間:10月18日(日)23:00までに▲▼こちら▼▲から。

なお、HISスポーツイベントセクションでは、大会中止の場合は、ツアー代金も全額返金の対象となることもあり、HIS JALホノルルマラソンツアーの募集を開始しています。

不透明な要素は残りつつも、ハワイ現地では、ハワイ州外からの訪問者を対象としたCOVID-19事前検査プログラムを10月15日から開始するなど、新型コロナウイルス(Covid-19)対策を中心に、新しい基準で安心してハワイを訪れていただける準備を進めています。オンライン講習会なども活用しながら、ランナーの皆さまも大会までの準備を進めてくださいね。

<2020年10月22日追記>
ホノルルマラソン協会は、10月22日(ハワイ時間)に、2020年12月13日にオアフ島にて開催を予定されていた「JALホノルルマラソン2020」を断念すると発表しました。
詳しくは、「JALホノルルマラソン2020」12月13日の開催を断念、開催延期を検討へをご覧ください。

<2020/10/07の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック