2020.09.24|オアフ島

ハワイ州オアフ島にて新型コロナウイルスに対するリカバリー・フレームワークを発表 9月24日開始

ニュース

ハワイ時間の9月22日(火)、ホノルル市郡コールドウェル市長が、「ホノルル 新型コロナウィルス・リカバリー・フレームワーク/Honolulu’s COVID-19 Recovery Framework」を発表しました。このフレームワークでは、オアフ島における毎日の感染者数と新型コロナウィルス陽性率、二つの7日間平均値をベースに、ホノルルにおける感染の深刻度を4段階に分け、それぞれの段階に応じて、行動や社会生活の基準を設定。次に、実際の数字を2週間または4週間継続して測定し、現状ホノルルがどのレベルにあるのかを数字に基づいて判断されます。現状のTier(段階)が発表され、政府・住民ともにそのTierに規定された行動基準に従う、というものです。

ホノルル市郡のリカバリーフレームワークは、以下の4段階に分類されます。
【Tier 1】 7日間平均の感染者が1日100人以上、7日間平均のコロナテストの陽性率が5%以上
【Tier 2】 1日50~100人の感染者 / 2.5~5%の陽性率
【Tier 3】 1日20~49人の感染者 / 1~2.4%の陽性率
【Tier 4】 1日20人以下の感染者 / 1%以下の陽性率

コールドウェル市長によると、9月24日(木)より、【Tier 1】からスタートし、4週間連続で感染者数の7日間平均とコロナテスト陽性率の7日間平均を測定し、数値がクリアされれば、【Tier 2】に進むことになります。

9月24日以降の、【Tier 1】の期間中は、下記の行動が認められています。
・5名以内での集会(屋外・屋内共に)
・小売店の営業、教会や宗教施設利用(収容可能人数の50%までに制限)
・レストラン内での飲食(収容可能人数の50%までに制限、1テーブル住居を共にする5名までの制限)
・映画館、美術館、博物館(収容可能人数の50%までに制限、1グループ5名まで)
・動物園、屋外アトラクション施設(屋内施設に限り収容可能人数の50%までに制限、1グループ5名まで)
・ヘアサロン、ネイルサロン、床屋等のパーソナルサービスは営業可能
・ジム、フィットネスセンターは屋外のみで営業可能
・ツアーやスカイダイビングは1グループ5名までの制限つき

Tier1~3の期間は、バーやナイトクラブの営業は許可されていません。
また、レストラン内での飲食時は事前予約が必須となり、氏名、住所、電話番号のコンタクト先をレストラン側に伝える必要があります。

ハワイ州より発信されている、各段階【Tier1~4】にて許可される社会生活、行動基準は下記チャートにてご覧ください。
(出典:oneoahu.org)

Reopening Strategy 11×17 by jcummings4

この、オアフ島でのリカバリーフレームワークのニュースは、LeaLea Hawaii TVでも動画で詳しくご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

<2020/09/23の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック