2020.09.18|オアフ島

ハワイ州外からの訪問者にCOVID-19事前検査プログラム 10月15日開始

ニュース

ハワイ州のデイビッド・イゲ州知事は、ハワイ現地時間10月15日以降のハワイ州外からの訪問者を対象に、到着の72時間以内に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明を提示すれば14日間の自己隔離を免除すると発表しました。
併せて、アメリカ本土からの訪問者は、ハワイ州が提携する大手ドラッグストアチェーンのCVS社とカイザーパーマネンテ社で事前検査を受ける事が可能との発表もありましたが、日本からの訪問者の事前検査に関する詳細は、発表までもう少し時間がかかるようです。

この新しいプログラムの発表は、半年以上にわたりハワイ州への来訪者には、14日間の隔離措置以外の方法が無かったこともあり、選択肢が増えることとなり、大変な朗報です。ただし、自己隔離免除には、いくつかの厳しい条件が含まれています。

*出発の72時間以内に臨床検査室改善法(CLIA)に認定されているCOVID-19の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明を提示すれば14日間の自己隔離が免除となります。

*現在ハワイ州で認められている事前検査は、臨床検査室改善法(CLIA)に認定されている検査所が認める、アメリカ食品医薬品局(FDA)により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(NAAT)のみとなります。

*ハワイ州到着時の検査はありません。

*上記の条件が満たされない場合は、ハワイ州到着後、14日間の自己隔離が必須です。

*全てのハワイ州への訪問者は、到着時の検温並びにセーフ・トラベルズ・アプリケーション/Safe Travels Applicationへの登録・記入が必須です。

なお、ハワイ州内の隣島間移動の14日間の自主隔離要請は、オアフ島到着時を除き、各島の終了または延長の発表があるまでは、9月30日まで継続されます。

記事作成時は、日本帰国後の14日間隔離措置は続いているままですが、ハワイではこのような新しい取り組みにも挑戦し、日本の皆さまにも安心してハワイにお越しいただけるように前進と準備を続けています。

詳細(英語):ハワイ州/State of Hawaii「HAWAII COVID-19 JOINT INFORMATION CENTER DAILY NEWS DIGEST, SEPT. 15, 2020」

参照:ハワイ州観光局/allhawaii「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報」

(日米間の出入国情報は下記もご参照ください。)
参照:エスタオンラインセンター/ESTA Online Center新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報
参照:厚生労働省水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)

LeaLea Hawaii TVにて、このCovid-19事前検査プログラムについて動画でも発信しています。動画内では、カウアイ島にて14日間隔離中でもホテル内の施設利用を認める「リゾートバブル」計画や、10月以降の日本~ハワイ間のフライト臨時便情報もご紹介しています。是非合わせてご覧ください。

<2020/09/17の情報です>

LeaLea Web 編集部
レアレアはハワイ語で「幸せ」や「喜び」という意味があり、レアレアのシンボルマークはメビウスの輪で「ホヌ」と「プルメリア」を表現しています。 ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれるアオウミガメが、その昔ポリネシアの人々をハワイへと導いたように、ハワイを感じられる、ハワイへまた帰りたくなる、そんな情報をお届けします。胸元を飾るプルメリアのレイが、優しい香りで包み込み、人々を温かく迎えるように、おもてなしの心で、ハワイ滞在がより快適に便利で楽しいものになるように、サポート情報を提供します。 ハワイ現地からお届けするLeaLea Webで、ハワイがより身近で楽しく便利になりますように。

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック