2020.01.15|オアフ島

大人がくつろげるホテルのバー

大人がくつろげるホテルのバー特別編「ワインビュー・バイ・カトレア」

食べる

昨年2月、ハレクラニの「オーキッズ」内にオープンした「カトレア・ワインバー」。こちらのバーでは月に2回ほど、著名なワイン専門家やお酒の生産者を招いてテイスティングイベントが行われています。上質なお酒とホテルメイドのププを楽しめ、一人でも参加しやすい雰囲気のイベント。全編英語ではあるので、少々ハードルがあるかもしれませんが、日本人の参加者も少なくないそう。お酒好きの方やお酒好きの人と知り合いたい方はぜひ出かけてみてはいかがでしょう。

旅先でバーに入ってちょっと一杯、なんて憧れますが、その場所を知らないとなんだか気後れしてしまって、入店を躊躇してしまうなんてことはありませんか? ハワイのホテルにあるバーは、名門ホテルでも基本的に入りやすいのが魅力。この連載では、そんなハワイにあるホテルのバーをご紹介します。


ハレクラニにあるオーキッズはサンデーブランチなどでも知られるダイニング。ブランチ時にはブッフェラインが並ぶあたりに、オープンしたのが「カトレア・ワインバー」です。


オーキッズが地中海イタリアン料理を出すことから、ワインはイタリアのものを多くそろえています。お料理はワインバー用のものがあるので、オーキッズには何度も行っている、という常連さんでも違った楽しみがあるはず。通常営業は予約なしでもOK。ふらっと訪れてハレクラニならではの雰囲気の中、お酒を味わえるのです。



普段はほんとんどの銘柄が1杯からオーダー可能なワインバー。ノンアルコールのドリンクもありますので、あまりワインは得意でないという人は、お料理目当てに訪れるのもアリだと思います。グラスワインは$12〜。グリーンの見た目が美しいノンアルコールのマンゴー・バージン・ミントは$14です。マンゴーなのに緑色? と思った方もいるかもしれませんが、こちらはミントを細かくクラッシュしているためのお色です。


加えて今回ご紹介したいのは、テイスティングイベント。”テイスティング”といっても、ちょっとずつ飲むタイプではなくしっかりの量がサーブされます。その月によってワインだったりシャンパンだったり、また、ウイスキーなどがテーマになることも。お酒の本数はその時々で変わるそうですが、12月に行われたイベント「ワインビュー・バイ・カトレア」は「ホリデー・バブルズ」というテーマでスパークリングワインとシャンパンが計5本用意されました。しかも、飲兵衛さんでも大丈夫、どんどん注いでくださいます。






合わせるお料理は、オーキッズのシェフが毎回イベント用に開催回のお酒に合わせて考えるそう。冒頭でププ(ハワイ語でおつまみの意味)と書きましたが、しっかりしたボリュームのお料理が出てきて、さすがハレクラニ、おいしそうな物ばかりが並びます。チーズやバケットなどさりげなく出されているものも、話を聞けばどこ産の◯◯とか、自家製のパンで…などの話を聞くことができるのも、名門ホテルならではのクオリティ。お料理を1名分を分けて用意するのではなく、テーブルの中央に盛り付けて置かれるのは、参加した人同士が会話しやすいようにという心遣いからなのだそうです。この工夫もあってか、1名で参加される人も多いと聞いてちょっと納得。この雰囲気は気軽に訪れられそうです。参加者さんと話にくくても、ソムリエさんがあれこれお酒について教えてくれるのも楽しいはず。


気になるお値段は1人$69。今回サーブされたワインのクオリティと量を考えると、これは実質ワイン代のみかもというお値段です。毎回同じ値段で開催しているのですか? とソムリエさんに聞いてみると、「シェフがこの値段でもいいっていってくれるまではね」と言って笑っていたので、かなりお得な設定なのでしょう。開催時間は夕方4時半から7時半まで。この時間の中だったらいつ訪れてもOKという内容ですが、イベント時は予約をお勧めします。




お隣のハウス・ウィズアウト・ア・キーから聞こえてくる生演奏や海に沈むサンセットも名脇役に、ハレクラニならではの雰囲気のなか上質なお酒とお料理を楽しむイベント。普段だったら選ばなかったかも、といった銘柄に出合えるのもイベントならではの楽しみですよね。次の開催は1月16日(木)。もしハワイに滞在している方がいたら、ぜひ参加されてみてください。

<2019/12/17の情報です>

カトレア・ワインバー
Cattleya Wine Bar
島(エリア):
オアフ島(ワイキキ)
住所:
ハレクラニ・ホテル内
2199 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815
営業時間:
月曜~土曜:11:30〜21:00、日曜:16:30〜21:00
定休日:
年中無休
TEL:
(808) 923-2311
椎名絵里子
20歳の時に初めて訪れて以来、ハワイの虜に。好きが高じてグリーンカードの抽選に応募し当選。2017年秋にハワイ移住を叶え、現在は大好きなダイヤモンドヘッドをいつでも見られる丘の上に暮らす。ハワイ関連の雑誌やムックなどを担当する編集者、メディアコーディネーター。 

ジャンル「食べる」の最新記事

その他のジャンルをチェック