2019.12.03|オアフ島

LeaLeaラウンジの旗艦店がロイヤル・ハワイアン・センター内にリニューアルオープン

ニュース

12月3日(火)、ロイヤルハワイアンセンターB館3階に、LeaLeaラウンジがリニューアルオープンする。このLeaLeaラウンジは、ハワイを訪れる観光客へ様々なサポートを提供すると同時に、ハワイ州観光局から「サテライトオフィス・ハワイ1号店」の認定を受け、多角的にハワイからの情報発信を担う。


新たに生まれ変わったLeaLeaラウンジは、ラウンジエリアを大幅に拡大。営業時間は8:00~21:00、ロイヤルハワイアンセンターB館3階で、日本語スタッフが旅行者を迎える。


多様化する旅行者の要望に広く対応するため、個人旅行者も利用できるフリースペースを拡大し、高速Wi-Fiの無料接続を提供する。



備え付けのタブレット端末は、自由に利用できる。情報収集やニュースの閲覧に加え、各種オプショナルツアーも、端末に設置済みのツアーアプリを利用すれば、効率よくツアー情報の確認や申し込みが可能。タブレットステーションには、スマートフォン充電用USBポートや、ワイヤレス充電器も完備されている。





また、HISのパッケージツアー利用者には、ラウンジ奥に専用スペースが設けられ、従来同様、くつろげるソファースペースに加え、ドリンク、鍵付きロッカー、キッズスペース、パウダールームなどを無料で利用できる。


ファミリー旅行の強い味方、キッズスペースも完備。パッケージツアー利用者にはベビーカーの貸し出しサービスも(要予約)。




女性のお客様が安心して利用できる専用エリアも、更衣室や授乳室が新設され、大幅に拡大された。


iPadも設置され、自由に使用できる。


同ラウンジは、「ハワイ州観光局認定サテライトオフィス」ハワイ第1号店。ハワイ州観光局公式ラーニングサイト「アロハプログラム」の「ハワイスペシャリスト検定上級『Hāpuʻu』(ハープウ)」取得スタッフが、従来の旅行関連サービスの提供に加え、ハワイの文化や歴史、自然に関する知識をもとに、より満足度の高い滞在になるようサポートする。



携帯電話やWi-Fiルーターの貸し出し、その場で受け取り可能なレンタカーカウンター、日本の主要クレジットカードに対応したATMなど、ハワイ到着後に必要なものがその場で揃い、旅行者のリクエストに、日本語で対応してくれるLeaLeaラウンジ。ハワイ到着後に、立ち寄ってみては。

<2019/12/02の情報です>

LeaLeaラウンジ
「LeaLeaラウンジ」はワイキキ内に4ヵ所。ロイヤルハワイアンセンター、ハイアット・リージェンシー、ダイヤモンドヘッド側はワイキキ・ビーチ・マリオット、アラモアナ側はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ。「ワイキキ・クラブ・ラウンジ by LeaLea」はワイキキの中心、T ギャレリア by DFS。離島では、ハワイ島3ヵ所+マウイ島1ヵ所、全8ヵ所のロケーションで、ハワイ旅をバックアップ。すべてのラウンジで日本語対応なので、初めての海外も安心。
LeaLeaラウンジ
LeaLea Lounge
島(エリア):
オアフ島(ワイキキ)
住所:
ロイヤル・ハワイアン・センター B館3階
2233 Kalakaua Avenue Suite B308, Honolulu, Hawaii 96815
営業時間:
8:00~21:00
定休日:
年中無休
TEL:
(808) 923-3412

ジャンル「ニュース」の最新記事

その他のジャンルをチェック