2019.11.15|オアフ島

大人がくつろげるホテルのバー

大人がくつろげるホテルのバー「ワイオル・オーシャン・キュイジーヌ」

食べる

トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキの開業時から、ロビー階にて営業を続けるラウンジがあります。落ち着いた雰囲気のなか、ホテルのキッチンから供される旬のシーフードや地元の食材を使った料理をつまみつつ、お酒が楽しめるのが魅力。金曜日の夜は、花火を見る絶好の場所でもあるんですよ。

旅先でバーに入ってちょっと一杯、なんて憧れますが、その場所を知らないとなんだか気後れしてしまって、入店を躊躇してしまうなんてことはありませんか? ハワイのホテルにあるバーは、名門ホテルでも基本的に入りやすいのが魅力。この連載では、そんなハワイにあるホテルのバーをご紹介します。

  • イリケアズ・マイタイ($15.50)。ハワイのバーはマイタイの飲み比べも楽しい
  • パッションフルーツが香る甘くて強い1杯、ワイオル・マティーニ($15)
  • トロピカル・ウェイブ($8.50)は、可愛いピンク色の見た目とは裏腹に、さっぱり系
  • ハッピーアワーは予約ができないので、サンセットタイムを狙うなら早めに入店を
  • 日没後は街の灯りを楽しみたい
  • さっと利用したい場合はカウンター席を選んでも
  • お店があるのはロビー階、6階です

2019年11月、今月でちょうど10周年を迎えたトランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ。ワイキキの繁華街まですぐの場所にありながら、落ち着いた大人の雰囲気が漂う5つ星ホテルです。こちらのラウンジは、バーとしての顔も持ち、2011年にハワイ島コナで開かれたインターナショナル・マイタイ・コンテストでワールド・ベスト・マイタイ賞を受賞したイリケアズ・マイタイ($15.50)やワイオル・マティーニ($15)などがシグネチャー。

こちらのマイタイはラムを使ったシャーベットが入っているのが特徴。常夏のハワイで喉をきりっと冷やしてくれ、甘さよりも爽やかさが際立ちます。

また、このお店はノンアルコールドリンクが充実しています。ソフトドリンクやコーヒーはもちろんですが、ノンアルコールのカクテルが数種、そしてレモネードだけでも4種もそろいます。アルコールが苦手な人にも嬉しいですよね。今回撮影させていただいたのは、トロピカル・ウェイブ($8.50)。バジルが効いていて甘すぎず、食事にもよく合うお味です。

11月中は10周年を記念して$10のメニューがいくつか用意されているため、もし今月中に訪れる予定がある人はとてもラッキー。また、サンセットタイムとレイトナイト、1日2回開催されるハッピーアワーもお見逃しなく。金曜日の夜は近くで上がる花火がバッチリ見られる場所としても知られているので、予約必須です。ドレスコードはリゾート・カジュアル。あまり堅苦しく考える必要はありませんが、男性なら襟付きのシャツを着て、女性も少しドレスアップを楽しんで出かけてくださいね。

Photos:Etsuro Sakaue

<2019/10/29の情報です>

ワイオル・オーシャン・キュイジーヌ
Waiolu Ocean Cuisine
島(エリア):
オアフ島(ワイキキ)
住所:
トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ内
223 Saratoga Rd., Honolulu, HI 96815

営業時間:
11:30〜22:30、ハッピーアワー15:00〜18:00、21:00〜22:30
定休日:
年中無休
TEL:
(808) 683-7456
  • ホノルル(オアフ島)

    ワイオル・オーシャン・キュイジーヌ

    煌く夜景をバックに海からの風。エレガントディナー ホテル、店内ともモダンでシック。プールサイドでの海からのさわやかな風はサンセットの美しい景色をさらにロマンティックに。洗練された雰囲気とお料理は、極上の休日を演出してくれます。世界のトランプインターナショナルが繰り出す、最高の空間を一流のお料理とともにバケーションのクライマッ…

    $92

    2時間〜

椎名絵里子
20歳の時に初めて訪れて以来、ハワイの虜に。好きが高じてグリーンカードの抽選に応募し当選。2017年秋にハワイ移住を叶え、現在は大好きなダイヤモンドヘッドをいつでも見られる丘の上に暮らす。ハワイ関連の雑誌やムックなどを担当する編集者、メディアコーディネーター。 

ジャンル「食べる」の最新記事

その他のジャンルをチェック