2019.11.22|オアフ島

Made in Hawaii for my home

メイド・イン・ハワイを持ち帰ろう – Zippy’sのパンケーキミックス

ショッピング

ロコに愛されて5 0 年以上。これからもずっとこのままで♥ Zippy’sのパンケーキミックス

ハワイ滞在中、何度となくお世話になって30年以上。お昼にガッツリはもちろん、夜遊びのあとの空腹にもいつでもOK! と受け入れてくれるのが「Zippy’s」。

  • Zippy’sのパンケーキはもっちりふわふわ系。ほんのりした生地の甘みと相性のいい目玉焼き、ハム、ベーコン、スパムなどが選べるパンケーキコンボ$9.95は、朝ごはんにも小腹を満たすにもちょうどいい。今回はピリ辛のポチュギソーセージをセレクト。メープルシロップをたっぷりかけて、甘じょっぱいもの好きにはたまらない最強コンビをいただきます!
  • ファミリーレストランスタイルのファンシーな店内。子どもからお年を召した方まで、みんなが笑顔になる空間です。
  • これがお持ち帰り必須のパンケーキミックス$9.50
  • 1966年のオープンから愛され続けて50年以上。このロゴを見かけるたびに、ついつい立ち寄りたくなってしまう旅人も多いはず。そして今も昔も、店内はロコでいっぱいです!

ハワイを訪れたことがある人ならば、たいていの人は見たり、訪れたりしているはず。ハワイで生まれ、ハワイで育った老舗チェーンの創業は1966年。なんと50年以上もハワイで愛されている名店なのです。
ファストフード色の強いお店もあれば、レストラン使いできる店舗も。たいてい店内には「ナポレオン」という大層なネーミングのベーカリーも併設。ここに来れば、ステーキ、サイミン、ケーキなどすべての人の欲望を満たしてくれるというわけ。

私が愛してやまないのは、カツカレーサイミンと、目玉焼きを添えたパンケーキ。時々無性にこれらが食べたくて、ハワイ到着後、すぐに食べに行ってしまうくらい。そんな愛すべき味を家でも味わえたらなぁと思っていたところ、レジ前でこのパンケーキミックスを発見したのです。

リアルなハワイを味わえるパンケーキミックス
Zippy’sのパンケーキは、ごくごくシンプルなスタイル。フルーツがのっているわけでも、クリームが山のようにしぼられているわけでもない。普通に焼かれたパンケーキにバターとメープルシロップが添えてあるだけ。でも、そこがいい! 最近は意外とこういうものがなかなか見つからない。頑なにこれを守り続けている感じでもない気楽さも、またいいのだ。それを日本でも味わえるのがこのパンケーキミックス。作り方はいたってシンプルで、水を加えて焼くだけ。ゆるくておいしいハワイが押し寄せてくる幸せったら、もう! 問題はやや重いことだけど、そんなこと言っていられない。ハワイが恋しい時、どんなにこのパンケーキミックスに癒やされたことか。

いつかZippy’sのメニューが機内食になったら帰国直前までハワイを感じていられるのに。なんて妄想しながら、パンケーキを焼く週末の朝。しばらくはこのパンケーキとともに妄想ハワイを楽しむとするか。

text : Kaori Akazawa, photos : Akira Kumagai, coordination : Maya McCullough, web edit: LeaLea
LeaLea Magazine Vol.54より転載。2019年9月取材・撮影。

ジッピーズ(マッカリー店)
Zippy's
島(エリア):
オアフ島(マッカリー)
住所:
1725 S King St, Honolulu, HI 96826
営業時間:
6:00~24:00(レストラン営業)、テイクアウトとベーカリーは24時間営業
定休日:
年中無休
TEL:
(808) 973-0877

大きな地図で見る

最寄りの停留所:

サウス・キング通り/ハウオリ通り[対象路線]

赤澤かおり
赤澤かおり
フリーライター&編集者。海の近くで暮らし、ハワイを旅すること、鎌倉や京都を中心に飲んで、食べる、作ることをライフワークとする。ユーズドのアロハシャツをワンピースやサーフパンツ、バッグなどにリメイクするブランド「Aloha Tailor of Waikiki」を主宰。ハワイに関する著書は共著を含め12作。近著に「HAWAIIAN PRINT BOOK」(ちくま文庫)。初の選曲とライナーを担当した、70年代・ハワイアンミュージック・コンピレーションアルバム「Da Aloha Music Mele Through HAWAIIAN PRINT BOOK」も。ハワイでのプライベートな日々を綴ったガイドエッセイ「Hawaii note」が好評発売中。

ジャンル「ショッピング」の最新記事

その他のジャンルをチェック