2019.10.22|オアフ島

大人がくつろげるホテルのバー

大人がくつろげるホテルのバー「ラムファイヤー」

食べる

ワイキキビーチの目の前のロケーションで、2008年より営業するラムファイヤー。101種のラムが用意されていることでも知られ、週末ともなればクラブタイムがあるため、ローカルで賑わいます。実は日中から営業しており、お得なランチやハッピーアワーがあることも見逃せません。ただやはり、真骨頂はサンセットタイム。一日の終わり、日が傾き始めた頃に出かけてみてください。

旅先でバーに入ってちょっと一杯、なんて憧れますが、その場所を知らないとなんだか気後れしてしまって、入店を躊躇してしまうなんてことはありませんか? ハワイのホテルにあるバーは、名門ホテルでも基本的に入りやすいのが魅力。この連載では、そんなハワイにあるホテルのバーをご紹介します。

  • サンセットタイムの特等席を確保したいならば、早めの入店を
  • ミクソロジストが手際よくカクテルを作る様子が楽しめるカウンター席も
  • ラムファイヤー・シグネチャー・マイ・タイ($16)。パンチが強めです
  • 左からスキニー・ワヒネ、スキニー・ディッピン(それぞれモクテルで$10)
  • 生演奏は明るい時間帯の夕方5時から、毎日行われています
  • ダイヤモンドヘッドを望む席も魅力的
  • 時間とともに変わる、美しいハワイの空色を楽しんで
  • 入り口は、ホテル1階奥のエレベーターホールに

ビーチサイドの一等地に建つシェラトン・ワイキキ。日本からの観光客にもとても人気のあるホテルのバー「ラムファイヤー」は、海に突き出すかのような恵まれた場所に位置します。その名の通り、ラムの品ぞろえにこだわりがあり、その数はなんと101種。ラムメーカーの老舗クルーザン社によるシングルバレルのオリジナル・ラムも用意されています。

バーを代表する飲み物は、このラムを使った、ラムファイヤー・シグネチャー・マイ・タイ($16)。このラムだけでなく、1944年にマイタイを考案したVICさんのラムであるトレーダー・ヴィックス・ラムと2種類使っており、トロピカルジュースも入るもののお酒が強めの1杯になります。マイタイはVICさんがサンフランシスコで営むバーで生まれたのち、1950年代にラムファイヤーのお隣にあるロイヤル ハワイアン ホテルの「マイタイ バー」が世界的に流行らせたと言われているんですよ。

ノンアルコールのドリンクは、カロリーが控えめのスキニー・シリーズから、バージンタイプ(モクテル)での注文がおすすめ。暑い海辺にぴったりな爽やかなラインナップとなっています。

また、特筆すべきは曜日による雰囲気の変化。基本的には、毎日夕方に生演奏が入りラウンジ営業をしているのですが、金・土曜日の夜はクラブと化し、DJが入って音量もアップ、ローカルも集い店内のようすが少し変わります。どちらにも好みがあるかと思いますが、ワイワイ盛り上がりたい方はその曜日に、もう少し静かに楽しみたい方は、週末を避けて訪れることをおすすめします。

Photos:Etsuro Sakaue

<2019/09/30の情報です>

ラムファイヤー
RUMFIRE
島(エリア):
オアフ島(ワイキキ)
住所:
シェラトン・ワイキキ内
2255 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
営業時間:
日曜~木曜:11:30〜23:30(最終着席)、金・土曜:
12:00〜翌1:00(最終着席)、ハッピーアワー15:00〜17:00
定休日:
年中無休
TEL:
(808) 922-4422(ホテル代表)
  • ホノルル(オアフ島)

    【ラムファイヤー】

    水平線に夕日が沈む景色を眺めながらラムで乾杯 水平線に夕日が沈む景色を眺めながらラムで乾杯ここでしか飲めないヴィンテージやプレミアムを含むラムが100種以上ある、ビーチフロントのお店。ディスプレイキッチンで調理される豊富なタパスが楽しめ、バカンス気分も最高潮!

椎名絵里子
20歳の時に初めて訪れて以来、ハワイの虜に。好きが高じてグリーンカードの抽選に応募し当選。2017年秋にハワイ移住を叶え、現在は大好きなダイヤモンドヘッドをいつでも見られる丘の上に暮らす。ハワイ関連の雑誌やムックなどを担当する編集者、メディアコーディネーター。 

ジャンル「食べる」の最新記事

その他のジャンルをチェック