2019.09.24|オアフ島

大人がくつろげるホテルのバー

大人がくつろげるホテルのバー「スウェル バー」

食べる

2018年に改装オープンを遂げたアロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ。5階のプールサイドにある「スウェル バー」は、宿泊客でなくても利用可能。海をテーマにリノベーションされたホテルのバーでは、カバナやファイヤーピットなどもあり、洗練されたリゾートスタイルのなかで、ヘルシーな食事と本格的なカクテルなどをいただけます。

旅先でバーに入ってちょっと一杯、なんて憧れますが、その場所を知らないとなんだか気後れしてしまって、入店を躊躇してしまうなんてことはありませんか? ハワイのホテルにあるバーは、名門ホテルでも基本的に入りやすいのが魅力。この連載では、そんなハワイにあるホテルのバーをご紹介します。

  • アロヒラニ・マイタイ($15)。添えられたストローは植物由来の環境に配慮したもの
  • マンゴー・スライ($9)。キュッと冷たく甘すぎない組み合わせ
  • ワイキキ・ビーチを望むインフィニティ・プールからの夕焼け
  • 毎日、日没後に始まる動画アートシリーズ。ハワイの風景とDJによる音楽が楽しめます
  • さっと楽しみたい場合は、カウンターを利用するのも手
  • 場所はホテルの5階。エレベーターからアクセスを

4.5スターホテルに認定されているアロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ。ハワイ最後の女王リリウオカラニが所有した歴史ある土地に建ち、女王が夏の間を過ごした別荘の名前を冠し、2018年にリニューアルを遂げました。ワイキキ・ビーチからカラカウア通りを挟んですぐそばの所にあり、部屋からのオーシャンビューは見事。ホテルは海をテーマにしており、バーの名前も「波」を意味します。

バーで供されるのは、ローカルのクラフトビールからさまざまなカクテル、シーフードやハワイの味をセンスアップさせた食事まで、モダンな雰囲気を感じるメニュー構成。例えば、ピザはカリフラワーベースの生地を使用していたり、ハンバーガーはヴィーガンやベジタリアンのオプションがあったりと、プールサイドということもあり、身体に重すぎない、ヘルシーなラインナップになっています。

アロヒラニ・マイタイ($15)は、しぼりたてのライムがふわっと香る1杯。2種類のラムが、大人びた味を奏でます。ノンアルコールであれば、マンゴーとストロベリーを使ったフローズンタイプのマンゴー・スライ($9)をどうぞ。ホエイかヴィーガンのプロテインを追加($6)するといったオプションが用意されているのは、ヘルシーコンシャスなバーならではですよね。

プールはホテルのゲストしか入れませんが、バーは誰でも利用可能。日没後に始まる、ハワイの風景のプロジェクションマッピングや音楽を楽しみながら、風が心地よいプールサイドのバーで、グラスを傾けてみてはいかがでしょうか。

Photos:Etsuro Sakaue

<この情報は2019/08/26時点の情報です。>

スウェル バー
Swell Bar
島(エリア):
オアフ島(ワイキキ)
住所:
アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ内
2490 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
営業時間:
10:00〜23:00(食事LO22:00、ドリンクLO22:30)、ハッピーアワー14:00〜17:00
定休日:
年中無休
TEL:
(808) 922-1233(ホテル代表)
椎名絵里子
20歳の時に初めて訪れて以来、ハワイの虜に。好きが高じてグリーンカードの抽選に応募し当選。2017年秋にハワイ移住を叶え、現在は大好きなダイヤモンドヘッドをいつでも見られる丘の上に暮らす。ハワイ関連の雑誌やムックなどを担当する編集者、メディアコーディネーター。 

その他のジャンルをチェック