2019.09.20|カウアイ島

へなしゅん的ハワイ事典

へなしゅん的ハワイ事典 – ネネ

ネイチャー

ネネとは鳥の名前。ハワイ州鳥で、種類で言えば日本の雁みたいな生き物。絶滅危惧種なので、あちこちで見かけるわけではありません。オアフ島以外の島々、カウアイ、モロカイ、マウイ、ビッグアイランドに生息しています。

日本で見かける雁とは姿も動きも違っていて、陸鳥なので足が長く、爪も長くてゴツゴツしている感じ。ハワイ火山国立公園の寂しい道を走っている時に、テクテクと静かに移動する姿を目撃したことがあります。珍しかったのでデジカメを構えて近づいてみましたが、ネネははまったく警戒もせず、立ち止まったままずーっとそこにいました。カウアイ島のキラウエア灯台でも見たことがあります。そちらではまったく動かず、ずーっと座ってました。この「動き」がネネを減らしてしまいます。畑を荒らすネズミを退治するため、ハワイにマングースを連れて来たことがありました。サトウキビ畑全盛の時代です。が、夜行性のネズミに対して、マングースは日中に活動します。その結果、マングースはネズミじゃなくてネネを食べまくりました。そして、野生のネネは絶滅したそうです。

個人が飼っていた数十羽を繁殖させて現在にいたります。今は数千羽もいるそうです。復活できて本当によかったですね。いやしかし、マングースがいるのにどうして復活できたのか。それは、マングースがやってこない高度があるエリアで復活させているからです。

へなしゅん
へなしゅん
福井県若狭地方生まれ。30歳を越えてからハワイ情報サイトの編集長としてハワイ入りし、現在は「ハワイスクープ」の編集長。ハワイ生活は20年目。WEB編集をやっているけれど、WEB技術は20年前レベル。英語も話せないまま。ハワイ史が好きでいろいろ調べたけれど、ハワイの象徴・フラは未経験、ウクレレもハワイ語もすべて中途半端なレベルというダメなおっさん。でも、記事は細かく作っている(つもり)。

ジャンル「ネイチャー」の最新記事

その他のジャンルをチェック