2019.09.17|オアフ島

ハワイのコンドミニアム*ワイキキバニアンがファミリーに人気の理由を徹底検証!

泊まる

ワイキキバニアンは、プール、BBQ、テニスコート、子供のプレイグラウンドなど、充実のレクリエーション設備でファミリーに人気のコンドミニアム。3泊から短期ステイOKのお部屋と、30泊以上のロングステイ用のお部屋があります。LeaLeaバケーションレンタルは、2019年8月よりホノルル州で施行されている「新バケレン規制法」にも対応しており、全てのお部屋を安心してご利用いただけます。

ワイキキバニアン

ワイキキバニアンは、LeaLeaバケレン・人気コンドミニアム・ランキングの「短期(最低2、3泊)部門」と「長期(最低30泊)部門」両方でランク入りしている人気のコンドミニアム。今回は、その人気の秘密をご紹介します。

ワイキキバニアン地図
ワイキキバニアンの立地は、ワイキキの東エリア。ホノルル動物園やカピオラニ公園にも近い立地です。ビーチまで徒歩5分くらいで行け、カラカウア大通りの喧騒からは一歩離れているため、静かな、なかなか良い環境です。

 
ワイキキバニアン人気の秘密、一つ目はずばり・・・プール、バーベキュー(BBQ)、テニスコート、お子様の遊具設備やカフェなど、レクリエーション設備が充実していること! プールは広々。デッキで寝そべって子どもが泳いでいるのを眺めるのも良し、ガイドブックを熟読するも良し。


プールの隣は子ども用のプレイグラウンド。怪我をしないよう、遊具の下は柔らかいクッション仕様となっています。


そして広~いバーベキュー(BBQ)&ピクニックエリア。BBQグリルは10機以上あるので大抵は予約なしでOK! ちなみにBBQグリルの使用は有料で、2時間2ドル。クォーター(25セント硬貨)を8枚用意しましょう。


テニスコートまであるコンドミニアムは、ワイキキにはそれほど多くはなく、テニス好きには貴重ですね。


一角にはちょっとしたカフェテリアもあって、小腹がすいた時はここで休憩するのもGood。

ワイキキバニアン レクリエーションエリア
ご紹介したこれらの設備は全て6階に集まっていて、大レクリエーションエリアとなっています。ワイキキ観光から戻ってきて、夕方はここのプールやBBQで盛り上がる家族もたくさん! まさに「一粒で2度おいしい」旅を楽しめる。ワイキキバニアンはそんなコンドミニアムなのです。

上記でもご紹介したLeaLeaバケレンの人気ランキングの「人気のお部屋ランキングトップ10(ワイキキのコンドミニアム全体の)」に3部屋もランクインしています。そんなワイキキバニアン・オススメのお部屋を、短期(最低3泊)のお部屋、長期(最低30泊)のお部屋から、それぞれ2部屋ずつご紹介します。

<<最低3泊からOKのお部屋>>

ワイキキバニアン#2603-T1
ワイキキビーチタワー2603-T1
ワイキキバニアン#2603-T1は上記「人気のお部屋ランキング(短期部門)」第6位のお部屋です。
リビングルームと、ベッドルームからも、ダイヤモンドヘッドを眺められるのが最高! 明るいトーンのフローリングとキッチン、バスが気持ちいい改装済みのお部屋は、老舗コンド、ワイキキバニアンの中にあって古さを全く感じさせません。

ワイキキバニアン2603-T1
新しくて使い心地良さそうなキッチン! リフォームが大事なことがよくわかりますよね。明るく機能的な、居心地の良いお部屋です。

ワイキキバニアン#612-T1

今年8月に取り扱いを始めたお部屋なので、昨年の予約データを集計した「ランキング」には入っていませんが、このお部屋は自信をもってオススメできます。改装したてできれい、洗濯機・乾燥機が部屋内にある希少なお部屋です。


ラナイはこんなに広いんです。日本で言うというところの「ルーフトップバルコニー」。そしてオーシャンビュー! このお部屋は最大6人まで泊まれて、一泊あたり$135~と格安。まさに掘り出し物です。

<<最低30泊からのお部屋>>
ワイキキバニアン#3810-T2
ワイキキバニアン#3810-T2
最低宿泊30泊からのロングステイのお部屋。上述の「人気のお部屋ランキング」長期部門で第4位に輝いています。フローリングのリビングが気持ちよさそう。

ワイキキバニアン#3810-T2
特筆すべきはこのオーシャンビュー。リビングやベッドルームからもオーシャンを眺められます。

ワイキキバニアン#3605-T2
ワイキキバニアン#3605-T2
同じく、ランキング第9位のお部屋です。フローリングのお部屋が人気です。

ワイキキバニアン
こちらは、コオラウ山脈とアラワイ運河を眺めるマウンテンビュー。オーシャンビューとはまた一味違う素敵さです。夜はオレンジ色のホノルルのシティライトを眺められます。とってもきれいですよ! 料金も、1泊当たり$90を切っています。長期のお部屋は、短期のお部屋よりも一泊当たりの料金が割安になるのも魅力です。


ワイキキバニアン人気のもうひとつ理由、それは「コストパフォーマンス」。ご紹介したお部屋も含め、1泊あたり100ドル台、もしくはそれ以下。お部屋のグレードや付帯施設を考えると割安に感じていただけると思います。さらに、ひと部屋に一台分の無料駐車スペースが用意されていることもあり、レンタカーを上手に使いこなすリピーターが多いのも納得ですね!

いかがでしたか? ワイキキバニアン。
LeaLeaバケレンには、ワイキキ最大級のワイキキ・クラブ・ラウンジの利用や、LeaLeaトロリー7日間パスなど特典も満載です。ご不明点、お問合せはLeaLeaバケーションレンタルへ。もちろん日本語でOKです。お気に入りのお部屋を見つけて楽しいハワイ旅行を!

※ワイキキのコンドミニアム最低宿泊数は、ホノルル市の宿泊条例で定められています。ワイキキバニアンのお部屋には最低宿泊3泊からOKのお部屋と、30泊からのお部屋が混在しています。
※LeaLeaバケーションレンタル取り扱いのお部屋は全て、上記の宿泊条例遵守、かつ新法(Bill89ーいわゆる「新バケレン規制法」)にも対応しています。安心してご予約ください。

<この情報は2019/09/05時点の情報です。>

LeaLeaバケーションレンタル
バケーションレンタルとは、個人オーナーが所有するレンタル物件に宿泊するサービスのこと。ハワイのコンドミニアムや一軒家を貸切りし、現地の生活に溶け込みながら、まるで暮らしているかのように過ごすことができるのがバケーションレンタルの特徴。LeaLeaバケーションレンタルでは、ワンルームタイプのスタジオから小グループで貸し切り可能な一軒家まで、取り扱い数は320軒以上。

ジャンル「泊まる」の最新記事

その他のジャンルをチェック