2019.09.06|ハワイ島

へなしゅん的ハワイ事典

へなしゅん的ハワイ事典 – モオキニ・ヘイアウ

アート/カルチャー

ハワイ諸島に人が上陸したのは4世紀頃と言われています。最初に勉強した時(20年ほど前)は500年代と言われていたのですが、もっと昔のことであることがわかったそうです。8世紀頃、サモアから大量の移民がありました。その時にいたサモアの王族は兄弟でした。

ウル:ハワイ島、マウイ島を統治

ナナウル:オアフ島、モロカイ島、カウアイ島を統治

この時にヘイアウが造られはじめました。ヘイアウとは、石積みの神社みたいなものです。教会やお寺のように、人々に宗教を広めるためのものではなく、神を祀る場所なのです。

11世紀に、今度はサモアからパアオという名前の僧侶がやってきます。僧侶といっても戦士みたいなもの。パアオはハワイ島へ上陸し、その地にいた王を倒し、征服してしまいます。そして、サモアから新しい王を連れてきて、新秩序を構築します。この時、生け贄を捧げるタイプの新しいヘイアウがつくられたそうです。その第1号がモオキニ・ヘイアウです。

初代カメハメハが生まれ育った、ハワイ島の北、HAWIにあります。が、幹線道路からは離れた場所にあり、舗装された道路も近くにないので、晴れて道が乾いている日しか近づくことができません。誰も来ないから寂れているに違いない、と思っていたのですが、果たして、そこにはキレイに手入れされた芝生が広がっていました。後から、ハワイアンたちが手入れしているらしい、と教えていただきました。

へなしゅん
へなしゅん
福井県若狭地方生まれ。30歳を越えてからハワイ情報サイトの編集長としてハワイ入りし、現在は「ハワイスクープ」の編集長。ハワイ生活は20年目。WEB編集をやっているけれど、WEB技術は20年前レベル。英語も話せないまま。ハワイ史が好きでいろいろ調べたけれど、ハワイの象徴・フラは未経験、ウクレレもハワイ語もすべて中途半端なレベルというダメなおっさん。でも、記事は細かく作っている(つもり)。

ジャンル「アート/カルチャー」の最新記事

その他のジャンルをチェック