2019.06.05|オアフ島

もう少しハワイを知ってみる

もう少しハワイを知ってみる*ダイヤモンドヘッドの海岸線

遊ぶ/体験する
  • ホテル・ニュー・オータニから海岸線を南下します。
  • 海沿いに進んだところに Leahi Beach Park があります。そこには海に下りる階段があって、その階段をおりると、浅瀬におりたてます。
  • 海岸線にはステキな家が続き、その家を守るように石の壁も続いています。
  • 途中、ダイヤモンドヘッド山頂をキレイに見上げることができるポイントがあります。
  • ダイヤモンドヘッド灯台が現れて、海岸線のビーチは一旦ここで途切れます。
  • 地図で見るとどういうコースかよく分かります。クルマで走っているだけではまったく分からない世界ですね。

ハワイの海岸線は公共の場所です。どんなにお金持ちの家でも、海岸線は一般に開放されているのです。

ですから、海岸線は歩くことが可能なら、どこまでも歩いて行くことができます。というわけで、ワイキキより南、カピオラニ公園の真ん前にある「ホテルニューオータニ」からの海岸線を歩いてみました。

最初は海岸線にたくさんの住宅が並んでいますが、しばらく行くと、家は減っていきます。ダイヤモンドヘッドの海岸線を走る Diamond-head Rd も、途中から海岸を見下ろしながら走るようになりますから、海岸線がどこかでなくなるのは想像がつきます。が、小さな砂浜がぽつぽつと続く海岸線はいつまでも続き、遠浅の海にはサンゴがどこまでも広がっています。やがて、Beach Rd に到達。そこから先は岩場になるので歩くのは無理です。見えている灯台の向こうには、ダイヤモンドヘッド・ビーチパークが広がっています。サーフィンのポイントもあります。なので、どうせ行くならダイヤモンドヘッド・ビーチパークへ行ってしまう方が多いようで、今回歩いた散策コースはいつも空いています。ハワイの空間を独占するにはいい場所かもしれません。

他の島へ行かれたことがある方は、オアフ島は都会っぽくなりすぎて寂しい、なんてことをおっしゃられたりします。でも、ワイキキからこんな近くでも、人が住みはじめてからほとんど変わってない世界が広がっています。

もう少し、ハワイのことを知ってみてはいかがですか?

村上智洋xへなしゅん
カンボジア、ベトナム、グアムなどH.I.S.の海外支店を渡り歩き、2017年3月にハワイ着任。各国での生活や体験は子どもにとっても貴重な機会ととらえ、その場所の空気や様子を直に感じ取ってくれることを願いながら、週末ごとに「プチ探検の旅」に出かける日々。8歳と6歳の息子ふたりと新たなハワイを発見すべく、子どもにも安全に楽しめる「もう少しハワイを知る」散策を続けている。 このことを聞きつけたへなしゅんが、その場所をへなしゅん的に紹介することで、村上以外のハワイ好きが【もう少しハワイを知る】手助けになれば、と乗り出して連載スタート。編集部員にヤイヤイ言われながら、書き綴っている。

その他のジャンルをチェック