2019.04.26|オアフ島

へなしゅん的ハワイ事典

へなしゅん的ハワイ事典 – レイ

アート/カルチャー

頭や首にかける装飾品のこと。

よく、花輪と言われたりしますが、レイには葉、木の実、貝殻などを使ったものもあります。材料に決まりはないので、なんでも繋げたらレイになります。ただ、レイはハワイ文化そのものといってもいい存在で、どんな材料を使ってレイを作るかによってメッセージが違ってくるので、材料の選び方には注意したほうがいいです。

ちなみに、へなしゅんは詳しくないので、どんなレイを買うかはお店の人に相談しています。「結婚式に持っていきたいんやけど」と言えば、お店の人が選んでくれます。そもそもレイは、装飾のためというよりも、マナ(霊力)を得るために身につけられます。いろんなものに神がやどるとされるハワイの原始宗教は、日本人にはなんとなく理解できるものではないでしょうか。

レイといえば「カメハメハデー」について少し書いておきます。オアフ島イオラニパレスの向かいにカメハメハ像が立っています。毎年6月11日にこのカメハメハ像にたくさんのレイがかけられます。数メートルあるレイを、消防署のスタッフがはしご車を使ってかけます。首ではなく両腕に何十本もかけるので、花の壁ができてとてもキレイです。

photo:Kuni Nakai
フラの撮影などでお馴染みのハワイ在住カメラマン。へなしゅんの中高同級生。
http://www.foto-808.com

へなしゅん
へなしゅん
福井県若狭地方生まれ。30歳を越えてからハワイ情報サイトの編集長としてハワイ入りし、現在は「ハワイスクープ」の編集長。ハワイ生活は20年目。WEB編集をやっているけれど、WEB技術は20年前レベル。英語も話せないまま。ハワイ史が好きでいろいろ調べたけれど、ハワイの象徴・フラは未経験、ウクレレもハワイ語もすべて中途半端なレベルというダメなおっさん。でも、記事は細かく作っている(つもり)。

ジャンル「アート/カルチャー」の最新記事

その他のジャンルをチェック